友情、愛情、そして無情

過去ブログから残しておきたい文章を移行しています。哲学的なエントリー一覧はこちら
———————–

先日、叔父の葬儀で北海道美瑛町に帰ってました。

62歳という若さで、天国に召された叔父。

通夜、葬式が終わり、最期の別離の時、叔母、従兄弟の泣き崩れる姿にかける言葉もありませんでした。

 

 

出棺の際、棺を持ちました。

 

 

掌にしっかりと感じた、ひとりの人間の命の重さ、尊さ、儚さ。

 

 

今、生きていること。それを噛み締めながら、生きること。

それが叔父への供養となることを信じてやみません。

 

 

そして、その2日後には、横浜にて幼なじみの結婚式。

新郎新婦の満面の笑み。祝福の拍手。母親の涙。

親友の人生の晴れ舞台に同席できた慶び。

全てが掛け替えのないもので、その場にいた人全てが幸福な気持ちで満たされた空間。とても素晴らしい式でした。

 

 

先週、肌で感じたもの。

 

 

友情、愛情。  そして、無情。

 

 

この世を生きる喜び、人を失う悲しみ。

言葉でどう表そうとも、陳腐な表現になるように思えるくらい、重く、そして深い。

 

 

疑いようのない事実。それは今、僕が生きているということ。

 

 

生きているからこそ、「今」を手にできる。

 

 

死を迎えれば、そこに「今」は存在しない。

 

 

このかけがえのない「今」をどう生きるか。

 

 

人生におけるこの究極の命題を常に心の片隅に置きながら、これからの人生を歩んでいこうと思う。

(2006/03/01)

(Visited 80 times, 13 visits today)
タイトルとURLをコピーしました