札幌5-2湘南 コンサドーレの今季ベスト3に入るであろう試合を詳細に振り返る

公開日: : 最終更新日:2019/07/22 Jリーグ , ,

明治安田生命J1リーグ第20節、北海道コンサドーレ札幌対湘南ベルマーレの一戦は、コンサドーレにとって今季のベスト3に入るくらい、クオリティの高い試合だったんじゃないかと。

スタメンはこちら。

前節、膝をポストに直撃して負傷交替した深井一希がベンチ外で、怪我から復帰した宮澤が久し振りにスタメン復帰。日本代表のWB杉岡大暉対策なのか、普段はルーカスが右WBですが、そこに白井康介を起用。左WBは菅大輝が久し振りにスタメン。

ハイライトはこちら。

得点シーンや決定機をメインに振り返っていきます。

前半18分 先制点のシーン

中央をパスワークで崩して、CB進藤亮佑が右サイドからアーリークロスをあげるもDFのクリアにあう。そのセカンドボールを宮澤裕樹が拾って、左の福森晃斗にパス。それを福森がワントラップして、狙いすましたアーリークロスを上げて、前残りしていた進藤がダイビングヘッドで先制。

セットプレー崩れではなくて流れの中から、CBのクロスにCBが合わせて得点とか、まさにミシャサッカーの真髄かと。

前半21分 追加点のシーン

宮澤のロングフィードにジェイ・ボスロイドが競って、そのセカンドボールをチャナティップと菅大輝がうまく寄せて回収して、荒野拓馬が中央で捌いて右サイドでフリーの白井康介に横パス。

前方のスペースが空いていた白井はそのままドリブルで仕掛けて、対峙する日本代表杉岡大暉を翻弄。縦に抜き切ってふんわりクロス。ファーで待っていたジェイが相手DF2人に身体を寄せられるもヘッドで叩き込み追加点。

前々節でゴール、前節で相手のオウンゴールを誘発するシュートを放っていた白井康介が、勢いそのままに大活躍。

前半36分 札幌失点のシーン

相手のCKから、GKク ソンユンがキャッチミスして、そのこぼれ球を決められて2-1。ソンユンは相手のファールをアピールしていたが、ソンユンのジャンプ時に身体が接触していたのは味方のキムミンテだったというオチw

前半44分 レッド→イエローに差し替えられたシーン

チャナティップのスルーパスに抜け出した鈴木武蔵が相手DFフレイレに倒されて、主審は最初レッドカードを手にするも、インカムで線審と協議した上で、イエローカード提示に切り替えたシーン。「得点機会阻止」と判断するか否かが論点だが、武蔵のファーストタッチはゴール方向に向かわず、コーナー方向だったこと、更にボールの勢いから見て、仮に追い付いたとしても距離的に決定機にならないを勘案して、イエローに切り替えたんだと思う。客観的に見ても正しい判断だと考える。

スポンサーリンク

後半1分 ソンユンのビッグセーブ

宮澤の中盤のミスから湘南のショートカウンター発動。最後は斉藤未月がシュートを放つも、GKク ソンユンがビッグセーブ。これ決められていたら、後半の流れが一気に変わっていた。ソンユンの貢献度大きい。

後半3分 札幌立て続けにビッグチャンス

相手CKからの札幌のロングカウンターから、荒野のシュートが相手GKに阻まれ、波状攻撃からの荒野スルーパス→武蔵のシュートもライン上で相手DFにかき出されて、立て続けのチャンスをものにできず。

後半16分 荒野J1ゴール童貞卒業失敗

26歳荒野拓馬のJ1初ゴールかと思いきや、その前のジェイ・ボスロイドの繋ぎがオフサイドという判定。荒野はぶち切れてたけど、映像見るに副審のナイスジャッジ。荒野のJ1ゴール童貞は残念ながら継続w このオフサイドシーンに至るまで、チャナティップが中盤から2人剥がしてドリブル突破してるシーンが印象的。チャナティップやばい。

後半26分 ジェイ2点目

札幌が自陣からのセットプレーで、前方にロングフィード。そのセカンドボールを荒野が拾って、左サイドでフリーの福森にバックパス。福森が前方のスペースにドリブルで進んで、アーリークロス。裏に抜け出したジェイ・ボスロイドがヘッドで合わせて3点目。福森にスペースを与えるための菅のフリーランも見逃せない。

後半35分 アンロペゴールで4-1

札幌のゴールキックからのセカンドボールを宮澤が回収。ダイレクトに左でフリーのチャナティップへ。WB菅大輝のフリーランでチャナティップの前方にスペースが生まれて、チャナティップがドリブルで中央突破。

菅に気を取られたフレイレが中央のアンロペのマークを外して、それを見逃さなかったチャナティップはアンロペにパス。アンロペはうまくトラップして、左足で華麗に流し込んで、4点目。

後半39分 チャナティップ追加点

直前にソンユンのビッグセーブでCK。後半1分のセーブ含めて、どちらもDAZNの「今週のベストセーブ」に選ばれるでしょう。

そのCKのセカンドボールを宮澤が回収して、右サイドの白井にスルーパス。白井が右サイドをドリブルで独走。中央にフリーで走り込んだチャナティップに、絶妙なタイミングでラストパス。

チャナティップのシュートは一度弾かれるも、そのこぼれ球を「おなか」で押し込んで5点目。そのラストプレーを一度は主審が「ハンドリング」と判定するも、その後インカムで相談して、ゴール判定に切り替え。今日の主審は「インカム」の活用が上手くできてて、凄く良かったと思う。

後半49分 無駄な失点で5-2

最後のワンプレーでCKから失点。直近4試合で札幌は、CKから4失点してます。これは大きな課題かと。

スタッツはこちら。

正式発表は札幌のシュート数は20本に減りましたが、それにしても枠内シュートの割合がやばい。

ペトロヴィッチ監督は記者会見でこんな発言をしてました。

今日は5点取れたのは素晴らしいですが、少なくとも10回は決定機がありました。そうした部分も忘れてはいけません。私は今週のミーティングで、4、5点取って勝とうという話を選手にしました。おそらく、5点取って選手が満足したのかもしれません(笑)。なので次のミーティングでは8、9点と言います。冗談ですが(笑)。

たしかに決定機全部決めてれば10点入ってましたねw

個人のシュート数はこちら。

今日無得点だった武蔵がシュート10本とか、どんだけ外してんだっていう。。

武蔵が一皮むければ無双モード入れると思います。ケチャドバ期待。

総括

・セットプレー抜きで、全部流れの中から5ゴールってのは凄い。更に最初の3得点がクロスから。ジェイ・ボスロイドが戻ってきたからこそできる芸当かと。
・影のMVPは白井康介かと。菅大輝がコパアメリカで離脱する際「スタメン取られないか不安でしょうがない」って冗談交じりで言ってましたが、この1カ月間の「穴」を白井が埋めて、実際にスタメン定着しちゃうんだから、白井は大したもの。
・伝家の宝刀「福森のアーリークロス」が2回も炸裂しちゃったもんだから、次節以降は対策されるでしょうね。あんなにスペースを与えてくれなくなるはず。
・中村太主審の判定が物議をかもしているようですが、僕はインカムでちゃんと協議して正しい判定をしてくれてるので、凄く評価が高いです。

→追記
DAZN解説で曽田雄志氏がチャナティップのドリブルを見て「ギリギリのところで判断を変えられるのがすごい」と評してましたが、それって審判も同じだと思うんですよね。今回の中村太主審は、ギリギリのところでインカム使って正しいジャッジに2回も「修正」できた点はもっと評価すべきだと思います。

以上!次節まで2週間あいだが空きますが、サッカーから離れる日常も楽しみましょう!


フォロワーの方から「子シシの出産祝い送りたい」と言われたので、Amazonの欲しいものリスト作りました!

子シシの欲しいものリスト



Instagram

(Visited 3,338 times, 3,347 visits today)
スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑