【現地レポ】2日連続のウェンブリー観戦を終えて思うこと

公開日: : 最終更新日:2014/04/04 2012ロンドン五輪, サッカー五輪代表

五輪サッカーの男子女子両方ハシゴし続けて10試合目。とうとう負けてしまいました。。_| ̄|○ (メキシコ戦の結果はこちら

ずっと無敗できていただけに、猛烈に悔しいです。

男女アベックでファイナリストという、一生に一度あるかないかの奇跡の現場に立ち会いたかった。でもまだ男子は三位決定戦がある。男女アベックでメダルという快挙を目指して、もうひと頑張りしてほしいです。

自分がサポートするチームの試合をサッカーの聖地ウェンブリーで、2日連続で応援できるサポーターは、きっとこの100年以上のサッカー史の中で、僕ら日本人サポだけではなかろうか? #daihyo #五輪
@4JPN
アシシ

こんなことをメキシコ戦の試合前に呟いたんですが、勝ち負けに関係なく、現地にいる僕らは本当に貴重な経験をしているんだなと、ひしひしと実感しています。

サッカーの聖地をパノラマ写真で撮影してみました。

三階席から望む景色は、絶景でした。

僕は世界中の何十ものスタジアムを巡ってきてますが、キャパシティ、外観、雰囲気、見易さ、真新しさ、どれをとってもここウェンブリーは間違いなく世界一のスタジアムだと思います。

こんな素晴らしいスタジアムで、単なる親善試合ではなく、国際大会のガチンコ試合、しかもセミファイナルという世界中が注目する試合を2日続けて、日本代表サポーターとして応援できた経験を僕は誇りに思います。

メキシコ戦の試合後、ミスが失点に繋がった扇原は号泣していました。

この写真では権田が彼のそばにいますが、この前にも螢や清武、宏樹などが代わる代わる扇原の側に行って、励ましの声をかけていました。

そんな姿を前にして、僕らサポーターも扇原コールを枯れはてた声で延々と続けました。この距離感なので、彼の耳に確実に届いていたと思います。

僕は今日の敗北で、このチームの結束が更に強くなって、次の三位決定戦(日韓戦)で必ずや銅メダルを取ってくれると信じています。

女子準決勝フランス戦後のメインスタンドの様子

泣いても笑っても残り2試合。もう敗戦の涙は流したくない。最後は男女とも、笑って終わろう。そして、男女ともにメダルを首にさげて、日本に凱旋しようじゃないか。

そのために僕は、現地にいる日本人サポーターとしてできることを、力の限りやりきりたいと思います。

それは試合当日の応援に限った話ではなく、チケット手配に困っている日本人サポを助けたり、三位決定戦が開催されるカーディフへの移動手段や宿情報を惜しみなく提供したり、そういった部分でも「サポーターのサポーター」として貢献していきたいなと。

ということで残り2試合、最後まで全力で日本代表を、そして現地の日本人をサポートしていく所存です。よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑