【現地参戦レポ】コートジボワールは強かった。気持ちを切り替えます。

公開日: : 最終更新日:2014/06/17 2014ブラジルW杯, サッカー日本代表, 世界の美女シリーズ

ブラジルワールドカップ初戦、コートジボワール戦に行ってきました。

元々キックオフ3~4時間前にはスタジアムに着く予定が、色々と些細なトラブルが重なり、現地入りしたのはキックオフ1時間前の21時となってしまいました。。

コートジボワール戦

レシフェの市内からメトロで1時間かかるアレーナ・ペルナンブーコ。

本来であれば、「世界の美女」シリーズ撮影や「日の丸ハチマキ大作戦」などの準備などを万全にしたかったので、時間がほぼ取れず。。
コートジボワール戦

松木安太郎をこよなく愛する会のMTK48代表のひとり弾丸たかちゃん(中央)と記念撮影。
コートジボワール戦

こんな相撲取りのコスチュームをしている現地人もいました。さすがブラジルには親日家が多いです。
コートジボワール戦

「日の丸ハチマキ大作戦」の効果は絶大で、いたるところにハチマキ巻いた現地人が居ました。自分は今日持参したハチマキを配る時間を確保できず。。次戦にその分大量に配ります。
コートジボワール戦

時々、漢字の向きを逆にして巻いてるブラジル人もいました。手渡す時にちゃんと説明するようにしましょうw
コートジボワール戦

現地のクラブの旗を掲げて応援している人も多かったです。

コートジボワール戦

ということでキックオフ。
コートジボワール戦
コートジボワール戦
コートジボワール戦

試合は本田圭佑のゴールで先制するも、後半に立て続けに同じ形で失点し、1-2の逆転負けを喫しました。

もちろん悔しいです。悔しくて悔しくてしょうがないです。でもこれが、世界最高峰の大会、ワールドカップなのかなと。当然ながらそんな簡単に勝たせてもらえる大会ではない。コートジボワールは強く、したたかだった。この分析記事は非常に的を得てるので是非読んでほしいです↓

僕にとって、8年前のドイツW杯の初戦における「カイザースラウテルンの悲劇」を現地で経験したことが、糧になっています。あの「絶望」よりかは遥かにましです。何よりも、このチームには本田圭佑というブレない精神的支柱がある。こんな苦境に立たされても、彼が立て直してくれることを僕は信じています。
コートジボワール戦

ゴール裏に挨拶に来た選手達。一番右が内田篤人です。皆が一斉に頭を下げた後、うっちーだけうなだれて、しばらく頭を上げられないでいました。

試合前のテンションで本当は「世界の美女シリーズ」の撮影をしたかったのですが、今日は全く時間が取れなかったので、試合終了後にテンションダダ下がりの中、2名ほどゴール裏で美女を見つけたので、載せておきます。
コートジボワール戦

日本語が話せる方でした。
コートジボワール戦

アイドルグループ「アイドリング!!!」のメンバーの橘ゆりかさんを発見したのでパシャリ。次はもっと大量に「世界の美女」を激写してきます。期待してください。

既に僕は次の決戦の地、ナタール入りしています。ブラジル料理を堪能し、大西洋を望むビーチで休息し、ギリシャ戦に備えます。


スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑