札幌南高校の六華ゼミで「半年だけ働く生き方」について講演しました

僕の母校である札幌南高校では、卒業から25年経った43歳世代が毎年、六華ゼミという特別授業を受け持って、毎年10回ほどOB・OGが講師として登壇しています。

そのゼミで今年の第1回を僕が受け持つことになったので、緊急事態宣言が明けたタイミングで札幌に帰省しました。

体育館でソーシャルディスタンスを確保する形で、160人の在校生を相手に60分間喋り倒しました。

第1回は本来、どこぞやの社長さんとか、資格が必要な職業の方(弁護士や医師)とか、南高卒業生の「本流」路線を歩んだ卒業生が適任かと思ったんですが、いきなり「脱線」路線を突き抜けた僕が登壇する形になってしまい、恐縮ですw

スポンサーリンク

仕事にするべきは得意なこと?好きなこと?

「半年だけ働く」や「世界一蹴の旅」といった自分が出した書籍の紹介もしつつ(笑)、自分の破天荒な生き方を解説しました。

「得意なこと」を仕事にすべきか? はたまた「好きなこと」を仕事にすべきか? 20歳前後の若者が将来設計する上で常につきまとう「命題」について、僕なりの見解を述べさせて頂きました。

講演後、校長室にお呼ばれして、校長先生から感謝状を頂きました。

講義後にアンケートを取りました。スクリーンにQRコードを投影して、学生が持ってるスマホで撮影してもらってアンケートサイトに飛んでもらう形でやったんですが、なんか令和なやり方だなとw

親から苦情が来ないか心配w

アンケート結果はすこぶる良かったです。

「職業観、人生観がとても新鮮だった」
「自分には想像つかなかった生き方の話を聞けて視野が広がった」
「まさに自分が描く理想像で参考になった」

などなど、すごくポジティブなリアクションでした。

「親に自分のやりたいことを反対されていましたが、やっぱり親を説得して挑戦してみようと思いました」

みたいな感想もあって、あとで親から苦情が来ないか心配ですw

とはいえ元々、六華ゼミを担当する先生からは「学生の価値観を壊してほしい」と言われていたので、一定の成果は出せたんではないかなと。

最後、個別のQ&Aを受け付けたんですが、前から僕をツイッターでフォローしているコンサドーレサポーターの人がコンサの質問をしに来ました。ひとりでも講演前から「アシシ」の存在を認知している人がいてくれて、嬉しかったですw

今度別枠で10代や20代の若者相手に、同じようなコンテンツでウェブセミナーを開催しようかなと思っています。興味のある方は7月とかに僕のツイッターで告知するので、フォローしておいてください。

講演内容は4年前に出版した下記書籍と半分くらいかぶりますが、ここ数年間で更に熟成させた価値観・ノウハウを盛り込んでいるので、弊書を読んでいる方でも十分新たな発見があると思います。

(Visited 1,342 times, 41 visits today)
タイトルとURLをコピーしました