ブラジルW杯現地におけるパスポート常時携帯の是非について

JFAからブラジル現地で観戦するサポーター向けのガイドラインが発表されました。

[ 14.02.28 ]
FIFAワールドカップブラジル大会、現地で観戦される皆様へ
~現地に行かれる準備とブラジル入国・滞在中のご注意~

この中で、

パスポートは、常に携帯してください(ブラジル当局の要求に対してパスポートを提示できない場合は、拘留されることもあります)。

という説明があります。この点について僕は反対意見を持っているので、持論を展開します。

ブラジルから帰国する2月26日、在サンパウロ日本国総領事館に行ってきました。

20140226_99領事から「情報がほしい」と直接コンタクトがあり、行ってきました。

90分程お話しさせて頂いたのですが、たまたまこの場でも「パスポート常時携帯」の是非について議論してきました。

ブラジルの外国人法第96条において、「外国人は官憲あるいはその代行者の要求のある場合は、国家領土内における適法の滞在を証明する書類(オリジナル)を提示しなければならない」と規定されています。

法律上はそうなっていますが、実際問題、警察官などに身分証明書の提示を求められて、パスポートの紙コピーしか持っておらず、拘留される危険性と、ひったくりや強盗に遭遇してパスポートを盗られるリスクを天秤にかけた場合、断然後者の方がリスクが高いと思うが、総領事館の見解はどうか?と聞いたところ、「現時点で明確な回答はできないが、6月本番までに何らかの指針は出す」という回答を頂きました。きっとホームページで現地参戦者向けの情報が出てくると思われます。

お役所仕事的に、「法律に則って常に携帯せよ」とJFAが方針を出してしまうと、律儀な日本人はナタールやレシフェのビーチに行く時でさえ、パスポートを携帯していって、安易に砂浜に荷物をおきっぱにして置引きに遭遇、などのパターンが考えられそうで怖いです。

代替案の提示もありだと僕は思います。パスポートの正式な認証コピーを現地ブラジルで取る方法を紹介したり(時間とお金がかかるので、弾丸参戦の人はかなり難易度高い)、写真入りの国際免許証を身分証代わりにしたり(ただしブラジルはジュネーブ条約外なので、身分証明としてどこまで通用するかは不透明)、最悪パスポートのカラーコピーで凌ぐのも、警察とうまくコミュニケーションできる人であれば、何とかなると思います。

僕自身、2009年世界一蹴当時、国家非常事態宣言が出されているコートジボワールで、警察に身分証明書の提示を求められて、その時ちょっとした外出でパスポートをホテルに置いてきてて、危うく拘束されそうになった経験があります。なので、身分証明できないことでの拘留リスクはちゃんと把握しているつもりです。

それでもブラジルにおける犯罪遭遇率の高さと天秤にかけた際、旅行者にとって命の次に大事なパスポートを強盗に盗られるリスクよりも、僕なら身分証明書不所持の罪で警察に拘留される方を選びます。だって相手は警察ですもん。そっちの方が俄然安全です。

当然、その時のブラジル情勢も考慮に入れる必要はあります。例えばW杯反対デモが開催期間中に盛んになり、非常事態に近い状況になればパスポートは保持した方が身のためでしょう。そういったのはケースバイケースで、通常の情勢で単に試合を観に行くだけの外出であれば、パスポートはホテルの貴重品ボックスに保管するのが、最善の手段だと思います。

あくまで個人意見なので、その点ご了承ください。

気になる方は在サンパウロ日本国総領事館が出してくるであろう指針を参考にするようにしてください。よろしくお願いします。

(Visited 261 times, 24 visits today)
タイトルとURLをコピーしました