ブラジルW杯帰国報告会を開催しました。

7月16日に無事帰国しています。7月21日にブラジルW杯帰国報告会を都内で開催しました。

ブラジルW杯帰国報告会

約100人の方にお集まり頂きました。

ブラジルW杯帰国報告会

なぜかブラジルW杯に行った人が約3割も参加者に含まれてました。現地参戦した人はこの報告会聞きにくる意味ないだろっていうw

ブラジルW杯帰国報告会

僕が45日間ブラジルで過ごした旅程を説明しながら、現地でしか体験できないエピソードを写真や動画を使いつつ、お話しさせて頂きました。

ブラジルW杯帰国報告会

ちなみにこの水色のTシャツは、ブラジルW杯のボランティアスタッフが着ていた非売品のオフィシャルTシャツです。サンパウロの準決勝の後、イタケラ駅の改札でボランティアスタッフを待ち伏せして、片っ端から声をかけていって、100レアル(約4,500円)で売ってくれる人を見つけてゲットしたシロモノです。

講演会の内容で最も皆さんの食いつきがよかったのが、ブラジルW杯の家計簿大公開のコーナー。過去の大会の家計簿と比較しつつ、宿代や食費、交通費などの明細単位で、高くなった要因、安く抑えることができたノウハウなどを30分くらい喋らせて頂きました。どこかのタイミングでブログでもネタにしたいと思います。

講演会が具体的にどうだったかは、講演会参加者の感想ツイートを読んでもらうのが一番手っ取り早いと思うので、何件か掲載します。

ブラジルから持って帰ってきたお土産は参加者全員に配られました。

こうやって現地参戦の醍醐味をたくさんの人に伝えていって、1人でも多くのサポーターが海外で行われる日本代表の試合に足を運ぶようになっていけば本望です。それが普段からやっている「サポーター布教活動」の成果であり、最終的にはメキシコのように何万人ものサポーターが海外の国際大会の舞台に押し寄せる土壌を作ることができたらなと思います。そういったサッカー文化の熟成の先に「日本代表のW杯優勝」が見えてくると、僕は信じています。

(Visited 66 times, 10 visits today)
タイトルとURLをコピーしました