仁川アジア大会→凱旋門賞→AFC U-19選手権とハシゴします

とあるサッカー関係者に「アシシはスケジュールモンスターだ」とこの前、指摘されました。

本田圭佑がインタビューで、事あるごとに「準備が大切」と発言するように、僕も「物事は準備で8割決まる」と思っているし、旅の格言においても「計画の段階で既に旅は始まっている」というものがあります。

PDCAサイクルにおいて最も重要なのは第1ステップのP(Plan)だと思っているし、漏れなくダブりなく順序立てて計画することで、旅の成功はほぼ保証されるもんだと認識しています。

コンサルとしては極々自然な立ち振る舞いだと思ってるんですが、他業界の人からすると過剰に計画立案に重きを置くスタイルが「モンスター」に見えてしまうらしいですw

ということで、そんな「スケジュールモンスター」が直近2カ月の短期計画を詳細化したので、ここにリリースします。

20140822_01

韓国ではアジア大会(オリンピックのアジア版と言える大会)を観ます。開催都市の仁川(インチョン)ではなく、ソウルに住むことになります。市内にマンスリーマンションを予約しました。男女サッカーを全部現地参戦します。時間があれば他競技も現地に行く予定。

アジア大会の後は、ゴールドシップ、ジャスタウェイ、ハープスターと日本馬3頭が出走予定の競馬の世界最高峰のレース、凱旋門賞を観にパリに飛びます。僕は、2年前のオルフェーヴルの惜しくも2着を現地観戦しています。当時の日記はこちら。あの悔しさを晴らしに行ってきます。

続いてAFC U-19選手権を観に、ミャンマーの首都ネピドーに飛びます。先日、日本のミャンマー大使館に行ってVISAを取ってきました。

20140822_02

こいつがくせもので、僕は会社員ではなく自営なので、法人の謄本を取りに法務局に行かなくちゃいけませんでした。

しかも観光ビザにはマルチビザはなくシングルビザしか取れません(マルチビザだと複数回入国可能)。U-19選手権のグループリーグと決勝トーナメントの間に、フル代表のブラジル戦がシンガポールであるので、ちょうどそのタイミングでシンガポールに飛ぼうと思ってるんですが、一度ミャンマーを出国すると、再度ビザを取る必要が出てくるので、僕は即日発行が可能と言われているタイのバンコクに飛んで2回目のビザを取ってからミャンマーに再入国する予定です。マジしんどいw

その後、ミャンマーで決勝トーナメントを現地観戦して、10月26日に東京である友人の結婚式に参列するために弾丸で帰国する、といった感じです。

取材の依頼や、フットサル・合コン等の招集については、事前にこのスケジュールをご確認の上、お問い合わせください!w

(Visited 74 times, 16 visits today)
タイトルとURLをコピーしました