コンサドーレ札幌のホーム開幕戦惨敗 「美しいサッカー」とやらはどこへいったのか?

コンサドーレ札幌の2015年シーズンのホーム開幕戦をスカパー!でテレビ観戦しました。試合を見終えて思うところがあるので、ブログを書きます。
2015年コンサドーレホーム開幕戦コレオグラフィー試合前のゴール裏のコレオグラフィーは圧巻でした。

今日は18,086人が札幌ドームにつめかけました。昨年のホーム開幕戦の動員数が16,064人なので、13%増。稲本潤一効果といったところでしょうか。

第1節は栃木SCのアウェイ戦で、内容は全然駄目でしたが、FWナザリトのフィジカル頼みのサッカーで2-1で勝ちました。

その試合内容を見て長崎の高木監督は対策を練ってきたのか、今日第2節は全く持って試合をさせてもらえませんでした。

90分通してのシュート数は3本。ペナルティエリア内で放ったシュートはゼロ本ではないでしょうか。

崩し切っての決定機は皆無。 今日は前の試合で通用した「縦ぽんサッカー」が全く機能せず、絶望的な糞サッカーとなりました。

道内では地上波(UHB)でも生中継があったので、普段コンサドーレを見ない人も試合を見たと思いますが、こんなんじゃライト層の心を掴めるわけがありません。

そもそも、今季の開幕2試合を見て疑問に感じたことがあります。

野々村社長が標榜する「美しいサッカー」とはどこへ行ったのか?

野々村さんは昨年5月にこんな文章を公式ウェブサイトに載せています。

「美しく、激しく、強い」チームにする為には美しさから植えつけなければ、理想には届きません。

小野伸二や稲本潤一は、そういった野々村社長が目指すパスサッカーの哲学に共感して、わざわざ他クラブのオファーを断ってJ2の地方クラブに来てくれたんじゃないのか?

フィジカルモンスターのナザリトにイーブンのボールを配給して、とりあえず行ってこいのサッカーしか引出しがないというのは、もう致命的ではないか?小野伸二の離脱というのは確かに痛いが、パスセンス溢れる選手、ドリブルで個で勝負できる選手など、札幌の育成組織上がりのポテンシャル溢れるプレーヤーは他にもたくさんいるはず。

戦術面の話をすると、「ナザリトと都倉賢の共存」ってのは結構難しい課題だと思ってますが、早くも2試合目で浮き彫りになりました。

ワントップにナザリト、2シャドーに都倉、宮澤という時点で、誰も相手DFの裏を取る仕掛けができない布陣になってしまって、限界を感じました。古田寛幸や榊翔太など、スピードを武器にする選手起用も是非考えてほしい。

次の第3節福岡戦は、そこら辺の戦術の見直し部分も含めて、しっかりこの1週間で立て直しを図ってほしいです。

——————-

村上アシシのプロフィールはこちら。(先日更新しました)


Instagram

(Visited 240 times, 25 visits today)
タイトルとURLをコピーしました