スウェーデン戦現地レポ 「勝ったのに負けた」という理不尽な経験を糧にして…

8月10日、手倉森ジャパンにピリオドが打たれました。僕はこの世代を4年前のU-19アジア選手権の頃から追い掛け続けてきたので、特に思い入れのあるチームでした。

それなのに、チームの解散の仕方があまりにもあっけなくて、気持ちの準備ができてなくて(だって試合には勝ったんだし準備のしようがない)、試合が終わった直後はずっと心ここにあらずといった感じでした。

「え?マジでこれで終わりなの?うちら試合に負けてないんだけど!」という感情は、6年前の南アW杯のベスト16でパラグアイ相手にPK戦で負けた時と似たような感覚。

そういう意味では、試合から2日経った今改めて思うのは、『試合に負けてないのに敗退』という理不尽な経験を、こうやって現地で積み重ねていくことで、僕らサポーターも強くなっていくんではないかと。ある意味、この「勝ったのに負けた」という貴重な経験は、現地参戦サポならではの『勲章』と呼んでもいいのではないかと。

そうやってこの挫折を糧にしていかないと、僕らは前に進めない気がしたので、敢えてポジティブにブログを書くことにしました。

試合に勝って大会を終えるなんて、まるで優勝したチームみたいじゃん!とバカみたいに自分に言い聞かせることにします。そうやってネタに昇華しないと、やってられないくらいにつらい終わり方でした、はい。

ということで、8月10日の終戦を写真で振り返ります。

20160810_01

湖越しにアレーナ・フォンチ・ノヴァを撮影

20160810_02

スタジアムへ続く道に掲げられたブラジル国旗

20160810_03

あいほんのパノラマ機能で撮影

20160810_04

今日も日の丸ハチマキ大作戦やりました

20160810_05

ボランティアスタッフと

20160810_06

ブラジル人美女

20160810_07
「真面目な日本人」と書かれたハチマキをするブラジル人w

20160810_08

国歌斉唱

試合内容と試合後のゴール裏の様子は、昨日Yahoo個人のコラムとしてあげたので、未読の方は是非。

20160810_11

本当にやり切れない「終わり方」でした。

試合の翌日、サルヴァドールからサンパウロに移動してきました。20日男子サッカー決勝と21日閉会式を観に2泊3日でリオに飛ぶまでは、当分サンパウロで生活します。

ちなみに、ブラジル入りして3戦目にして初めて太鼓を持ち込めたんですが、どうやって持ち込んだかってネタをツイッターで呟くと大体炎上するのが目に見えているので、8月28日日曜夜に都内で開催するリオ五輪帰国報告会でお話しします。詳細はこちら

—-

村上アシシのプロフィールはこちら



Instagram

(Visited 83 times, 13 visits today)
タイトルとURLをコピーしました