「日本はドン引きサッカーしろ」とほざいて申し訳ありませんでした 【ウルグアイ戦現地レポ】

5月24日はU-20ワールドカップのD組第2戦を見に水原ワールドカップ競技場に行って参りました。

アンダー世代の国際大会はよくダブルヘッダーが組まれるので、サッカー好きにはお得です。

ということで本番のウルグアイ対日本。

怯まずに自信持っていこう! #u20wc #u20 #u20日本代表 #日本代表 #u20worldcup

村上アシシさん(@4japan)がシェアした投稿 –

個人的には初戦のウルグアイ対イタリアを生で見て、インテンシティの高さに圧倒されて、日本が正攻法で対峙したらコテンパンにやられるんじゃないかと予想してたんですよ。試合前日にやったニコ生でも僕はそういう趣旨の発言をしてて、「ドン引きサッカーやって試合を殺しに行くべき」と素人ながらに思っていました。

それがいざ蓋を開けてみると、日本はウルグアイとがっぷりよつに組んで、ガチンコ勝負を挑み、結果0-2で負けはしましたが、内容的にはすごく良くて、南米王者相手に誇らしい戦い方をしてくれました。

特に後半は日本に2~3回ビッグチャンスがあって、あれのひとつでも決まっていれば・・・という展開。

序盤のラインの高さを見て、「この戦い方だと確実にやられんだろ・・・」と日本代表を信じることができなかった自分が恥ずかしいです。サポーター失格です。

フィジカル勝負では久保君とかバンバン吹っ飛ばされてましたが、アジリティ面ではかなり対等にやれていたし、ここまでインテンシティの高い試合で、バッチバチに互角にやり合えたU-20日本代表を僕は誇らしく思います。

試合後、選手たちを称える言葉を直接投げかけました。僕らサポーターの思いは届いたと思います。

負けは負けですが、U-20日本代表はアジアの舞台では味わえないとてつもない大きな経験を得たと思います。「自分たちはやれる」という揺るぎない自信が、選手たちをより一層成長させるわけで、これぞ世界大会だなと。

次のイタリア戦は選手たちを信じて、120%の力で背中を押してこようと思います!

最後に告知。

—-
2016年の年末にプロフィールを更新しました。



Instagram

(Visited 164 times, 19 visits today)
タイトルとURLをコピーしました