E-1選手権 日本は北朝鮮相手に井手口の劇的ロスタイム弾で1-0辛勝 【現地レポ】

12月9日は旧名東アジア選手権、新しい名称はE-1選手権を見に味の素スタジアムへ。

スタジアムの入り口やコンコースには、普段のサッカー観戦では決して見ることのない「警察官」がうじゃうじゃいました。国をあげての警備体制が敷かれていました。

試合は天気と同じくお寒い内容で、決定機の数で言えば北朝鮮に分がある感じ。それをGK中村航輔がことごとくナイスセービングしてスコアレスで試合は終盤へ。


帰り道混むの嫌なので、ロスタイムに入ったくらいで僕は席を立ちました。飛田給駅の方はバックスタンドからは逆側メインに回らないといけないので、1階の座席最後列のコンコースをてくてく歩きながらロスタイムの展開を見てたんですが、そしたら豪州戦を彷彿とさせるような井手口のミドルが豪快に決まって、日本が劇的勝利。

今朝、井手口の欧州移籍が内定したという報道も出てましたが、これはもう井手口、来年ロシアW杯の23人枠も当確でしょう。

最後に告知!

現在10人申込。あと30人入れます!

村上アシシのプロフィールはこちら



Instagram

(Visited 85 times, 9 visits today)
タイトルとURLをコピーしました