【コンフェデ杯開幕戦レポ】建築費が世界最高額のスタジアムはとてつもなかった!

6月18日はロシアのサンクトペテルブルグで行われたコンフェデレーションズカップの開幕戦、ロシア対ニュージーランドを見にクレストフスキー・スタジアムに行って参りました。

サンクトペテルブルグの街の中心にあるセンナヤ広場駅(2017年4月にテロが起きた駅、地図で青でくくった所)から5号線に乗って北に4駅いったところが、スタジアム最寄り駅(赤でくくったところ)です。

最寄駅から2kmくらい歩きます。脇には遊園地があります。

まるで形がUFOみたいです!

観客全員必携のFAN IDの運用については、別途コラムを書く予定です。

ちなみにこのスタジアムは建築家の黒川紀章の遺作だそうで、建築費は世界一だそうです(この記事に書いてあった)。今年やっと完成したスタジアム。

スタジアムの屋根は開閉式だし、2階席へのスロープにはエレベーターあるし、とにかく圧巻なスタジアムでした。

でも、2階席はちょっと見にくいというか、席が1階席の上にせり出している形ではなく、そのままなだらかに傾斜して作られているので、ピッチとの距離感があります。このスタジアムに行くなら料金高くても1階席を買うのをお勧めします。

試合はロシアが2-0で危なげなくニュージーランドを退け、開催国が幸先よく勝ち点3をゲット。

コンフェデの決勝、本番のW杯でも準決勝が開催されるスタジアムです。来年日本がこのスタジアムで試合できればいいですね。

最後に告知。FAN IDの注意事項についても詳細に解説します。

—-
2016年の年末にプロフィールを更新しました。



Instagram

(Visited 121 times, 14 visits today)
タイトルとURLをコピーしました