湘南戦における福森晃斗のロングパスが尋常じゃない正確さなのでまとめておく

Jリーグ公式のツイッターアカウントが、先日の札幌対湘南で福森晃斗が針に糸を通すようなパスを3連発で成功させたシーンを動画付きで呟いてくれました。折角なので、アーカイブ残しておきます。

スポンサーリンク

まさにワールドクラスの正確さ

まずは前半4分。FW小柏へのグラウンダーでのスルーパス。

続いて前半18分。カウンターからMFチャナティップへの絶妙なピンポイントパス。

最後前半34分。MF金子へトラップしやすい回転をかけたドンピシャサイドチェンジ。

こんな超難易度の高いロングパスをいとも簡単に15分おきに三連発で成功させるディフェンダー、欧州サッカーでもあんまり見ないと思います。

中盤からたった一本のロングフィードで幾度となくビッグチャンスを演出できるので、まさにコンサドーレの戦術は、福森晃斗の左足に依存していると表現しても大袈裟ではないかとw

金満クラブに引っこ抜かれないか毎年不安なんですが、ずっと札幌にいてくれると嬉しいです!

以上!

(Visited 886 times, 886 visits today)
タイトルとURLをコピーしました