史上最高に”美しい”サッカーを披露した浦和対札幌の試合内容を改めて振り返る

明治安田生命J1リーグ第2節、浦和対札幌は現地参戦し、試合後2時間で現地レポートブログあげましたが、改めて日曜日にDAZNの見逃し配信で90分間、つぶさに試合内容を見直しました。

・ミシャ2年目で、史上最強にファンタスティックでエレガントな試合だった
・しかも浦和アウェイ戦@埼スタというアウェイ感でいうと日本一のスタジアムでよくぞこんなハイパフォーマンスな試合ができたなと
・札幌の開幕序盤はキャンプ生活続きでコンディションが上がらないという例年の定説は、単なる言い訳だったw

というのが率直な感想です。

札幌サポのみならず、Jリーグ関係者や他サポも、この浦和対札幌はハイライト映像だけじゃなくて、90分通しで見てほしいです!札幌がいかに「美しい」サッカーをしているかが実感できます。特に前半45分が圧巻の内容なので、45分だけでもDAZNで見逃し配信見てください!

DAZNの浦和対札幌のDAZN見逃し配信のリンク↓

さすがに時間ないという人はコンサスタッフ作成の5分のハイライト↓

ミシャの褒めちぎり方も、史上最高ですw↓

フォーメーションの話をすると、普段は3-4-2-1が基本布陣なんですが、今日は守備時に5-2-3、攻撃時は3-4-1-2となり、トップ下のチャナティップが最終ラインからのパスをもらうために相当深い位置まで降りてきて、自由自在に色んなところに顔を出すスタイル。CB宮澤と、2ボランチの荒野、深井の3人も変幻自在にポジションを入れ替えるので、浦和は中盤でのマーキングがずれまくる形になりました。

とりあえず、昨日見返してた時の実況ツイートを貼ってみます。全部、何分の出来事か書いているので、その時間に合わせて早送りするのもありw

スポンサーリンク

前半実況は以上終了。

後半はそこまで見所はなくなりましたが、後半7分のチャナティップ、荒野、アンロペの3人だけでトライアングルを作って、中央突破したシーンは秀逸なので、そこは見てほしい。

後半のピンチはこれくらい↓

ルーカスの安易なボールロストをソンユンが救う形でした。

全体を通して見ても、武蔵の裏抜けの技術、アンロペの献身的な動き、荒野の無尽蔵なスタミナ、深井のボールを狩る能力、色んなものがハイレベルでした。今季の札幌、相当やばいですよ!

最後に告知。


Instagram

(Visited 3,461 times, 19 visits today)
スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑