札幌1-1FC東京 バッチバチの火花が飛び散る肉弾戦はプレミアリーグさながらでした

今日のJリーグもDAZNで観戦。

札幌は前節8-0で圧勝した清水戦と同じメンバー。対するは首位FC東京。

ハイライトはこちら。

スコアは1-1の引き分け。コンサドーレは前半にセットプレーで失点するも、後半立ち上がりのカウンターをジェイが仕留めて同点。その後もコンサドーレ優勢で試合を進めるもスコアは動かず、勝ち点1を分け合う形に。

この試合はハイライトをかいつまんで見たって、面白さは全然伝わってこないかと。チャンスシーン以外にサッカーの醍醐味が凝縮された試合でした。

ジェイ・ボスロイド「今日の試合はプレミアみたいだった」

ジェイが試合後のインタビューで「フィジカルコンタクトの強い試合で、プレミアリーグみたいだった」と試合を振り返ってましたが、まさに火花が飛び散るような球際のせめぎ合いが随所に見られました。

ファウル判定後にヒートアップした選手同士がもみ合いになるシーンが何度もあって、客観的に見ると「荒れた」試合と感じる人も多かったと思いますが、個人的には最高のエンターテイメントだと感じました。

フェアプレーの精神とかスポーツマンシップとか言いますけど、闘争心を剥き出しにして戦う姿勢って、見てて清々しいなと僕は思います。

スポンサーリンク

そりゃ乱闘になったら良くないけど、皆カードをもらうギリギリのラインでやり合ってて、その駆け引きは見てて非常に面白かったです。

FC東京はゴール前のルーズボールの処理でGKとDFが仲間割れで言い争いしてたり(中継の音声がその言い争いを拾ってた)、ミンテが札幌サポを煽ろうとしたらFC東京サポのアウェイゾーンに向かって煽っちゃって、その後手を合わせて謝ったり、なんかちょっと脱線気味に盛り上がってたのも一興でしたw

これくらい戦う姿勢を見せながら試合に挑んでくれると僕らも応援しがいがあるし、何より90分間ずっとエキサイトして楽しめるので、毎試合これくらいのテンションでやってもらえると嬉しいです。



Instagram

(Visited 2,199 times, 16 visits today)
スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑