鈴木武蔵の移籍先ベールスホットについて調べてみた

今朝、こんなニュースが飛び込んできました。

J1札幌の日本代表FW鈴木武蔵(26)が、ベルギー1部のベールスホットに完全移籍することが12日、複数の関係者の話で分かった。クラブ間では複数年契約で大筋合意しており、交渉は大詰めの段階。早ければ13日にも契約が結ばれ、正式発表される。

この書き方だとほぼ決定でしょう。札幌サポとしては寂しいですが、コンサドーレから欧州1部リーグに移籍するのは初めての事例だし、これもある意味「新しい景色」なので、快く見送りましょう。

で、移籍先のベルギー1部、ベールスホットというクラブについて、ぐぐってみました。

スポンサーリンク

WikipediaにあるKベールスホットACは間違い

最初にヒットするのが、下記Wikipediaのページ。

これは2013年に解散したクラブ。解散後に5部のクラブと合併して再スタートしたことが、下記Qolyの記事に書いてあります。

生まれ変わったクラブの正式名称は「KベールスホットVA」です。日本語のWikiはまだ存在していません。英語のWikiはこちら。

鈴木武蔵が移籍することになったので、近日中に日本語ページも作成されることになると思います。

英語のWikiを見ると、2014年に4部昇格、2015年に3部昇格、2017年に2部昇格、2020年に1部昇格と常に右肩上がりで成長してきたクラブのようです。

KベールスホットVAの本拠地はアントワープ

本拠地はアントワープ。スタジアムは12,000人収容のオリンピックスタジアム。

ベルギーの首都ブリュッセルから北へ40㎞。ちょっと北に行ったらオランダです。

コロナ禍で現地観戦は難しいかもしれませんが、2020-2021シーズンのベルギーリーグの放映権をDAZNがもっているので、DAZN観戦はできそうです。

2020-2021シーズンは先週開幕して、ベールスホットは開幕戦を勝利している模様(結果はこちら)。

とりあえず現時点で調べられることをぱぱっと調べてみました。

以上!


(Visited 5,624 times, 67 visits today)
タイトルとURLをコピーしました