札幌1-6川崎 フロンターレの「ギアチェンジ」にいつも餌食になるコンサドーレ

明治安田生命J1リーグ第10節、北海道コンサドーレ札幌対川崎フロンターレをDAZN観戦。ハイライトはこちら。

試合は1-6で札幌の大敗。またもフロンターレ相手に大量失点。

ターニングポイントになったのは、上記ハイライトの0:29からの2失点目のシーンかと。

スポンサーリンク

フロンターレが牙をむくタイミングにいつも対応できないコンサドーレ

フロンターレの鬼木監督の戦術はズバリ「後半勝負」だったと思います。コロナ禍の過密日程を考慮し、前半は前線からの積極的なチェイスを封印。

そんな中で前半のうちにセットプレーから先取点を取れたのは、鬼木監督にとって棚ぼた感があったんでないかなと。問題は次の得点をどちらが取るか。

鬼木監督はハーフタイムに「後半頭からギアチェンジしていけ」と指示したことが、それなりにサッカー見てる人ならわかるくらいに、後半スタートからのフロンターレは前線からの守備の強度が一気に上がりました。

その「ギアチェンジ」が後半5分(ハイライトの0:29)の三笘のゴールに直結します。菅からチャナティップへの縦パスを旗手は完全に読んでいて、鋭い出足でインターセプト。

パスの出し手の菅も、受け手のチャナティップもちょっと安易なプレーだったように思いますが、川崎が後半頭から仕掛けてくると予想していれば、もうちょっと対策できていたんではないかなと思います。

2年前の0-7大敗と同じ轍を踏む形に

リーグ戦で今まで一度も勝ったことのない相手に2点差付けられるってのは、客観的に見てほぼ「勝負あり」感が出てしまうわけで、その後の連続失点は言わずもがなの展開。

やっぱりこの2失点目のショートカウンターをどう防ぐか、相手がギアチェンジしてくる展開を予測して、待ってましたとばかりに対案を出せるか。

ここが勝負のポイントだったと思うんですが、この文章を書いていて何かデジャヴだなと感じて、過去ログ調べたら2年前の川崎7-0札幌の試合後のブログでも同じこと書いてましたw

川崎相手に同じ轍を踏んでしまったコンサドーレ。次こそは相手のギアチェンジのタイミングを予測して、対策練ってほしいなと。

コンサドーレはこれで3連敗。仕切りなおしていきましょう!

以上!


(Visited 1,494 times, 37 visits today)
タイトルとURLをコピーしました