U-22アジア選手権 イラン戦を現地観戦してきました。

公開日: : 最終更新日:2014/02/28 2014U-22AFC選手権, サッカー五輪代表

1月12日の朝にオマーンの首都、マスカットに上陸し、その日の夜のU-22アジアカップ、日本代表対イラン代表を観てきました。写真をざざっと使ってレポートします。

U-22アジアカップ イラン戦観戦チケットはゴール裏で1オマーンリヤル(約270円)。

U-22アジアカップ イラン戦試合前にオマーン人に白い布を頭に巻いてもらいました。

初戦は3連休の真ん中の日ということもあって、日本からFC東京、C大阪、清水、川崎、札幌(俺)の5人のコアサポ(果敢に声出しするサポ)が来てました。

U-22アジアカップ イラン戦各クラブのサポーターがそれぞれの横断幕を持ってきてて、結構な数の弾幕が張られました。

U-22アジアカップ イラン戦ゴール裏からピッチの練習を眺めた絵。かなり遠いです。。

U-22アジアカップ イラン戦パリサンジェルマンと日本代表ユニを着て日本代表ゴール裏に来てくれた現地人

初戦ということもあり、僕らサポーターも背番号と名前が一致していない選手が少なからずいて、選手のコールを間違うシーンが何度もありました。。反省点。

U-22アジアカップ イラン戦BS朝日で抜かれるたびに、そのキャプチャ画像をツイッターのフォロワーが送ってきてくれるんですw

U-22アジアカップ イラン戦試合終了後の画像。

試合はシーソーゲームとなり、3-3の引分けに終わりました。札幌の選手は、DF奈良が怪我で出場なし、FW荒野が後半途中から出場しましたが、目立った活躍はなし。

ディフェンス陣の連携やコンディションが気になりましたが、初戦を勝ち点1積み上げてスタートできたのは、最低限の結果かなと思います。

U-22アジアカップ イラン戦試合後、ゴール裏まで挨拶に来る選手たち。サポ皆で鼓舞しました。

U-22アジアカップ イラン戦最後に日本人サポーター皆で記念撮影。ドバイやアブダビから来ている日本人もいました。

ゴール裏のコアサポが少人数の、アンダー世代の海外アウェイ戦は結構奥深くて、コールリーダーは基本ひとりなんですが、該当クラブのコアサポが来ていれば、そのクラブの所属選手のコールはそのコアサポが担うという文化があります。実際、途中で投入された札幌の荒野コールは、僕がやらせて頂きました。

次戦はクウェート戦、日本時間で1月14日25時(15日午前1時)キックオフです。CSのテレ朝チャンネルで生中継です。CS契約している人は是非ご覧ください!


スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑