【AFC U-19選手権現地レポ】韓国を倒し決勝Tへ!世界への切符獲得まで後1勝!

3日前の試合で今更感ありますが、ブログ上げます(シンガポール弾丸遠征行ってたせいで更新遅れました)。

グループステージを突破するには勝つしかない日本は、第3戦に韓国を迎えました。

U-19日韓戦第1戦、第2戦は声出し要員3人しかいなかったんですが、この日は10人近い「コアサポ」が現地入りしました。
U-19日韓戦南野拓実のゲーフラ持参のセレ女も来てました。
U-19日韓戦ミニ一平くんも来てました。
U-19日韓戦第2戦ベトナム戦で負傷し、ベンチ入りできない広瀬、松本、奥川のユニフォームが飾ってありました。
U-19日韓戦選手入場。
U-19日韓戦集合写真。後ろにいるのはイルマトフ主審。

試合は我らの絶対的エース、南野拓実の2ゴールで2-1で競り勝ちました!裏の中国対ベトナムでは、終了間際に中国が追い付いたことで、韓国は3位に転落。日本は逆転での1位通過を決めました(2位は中国)。

U-19日韓戦

2点目の決勝ゴールを決めた後、南野拓実は僕ら日本人のいるスタンドの方に駆けてきて、右指で観客席を指差し、エンブレムを叩き、「13」の背番号を指差すパフォーマンス。

これには本当に痺れました。だって、数人しか来てない日本人サポーターのところにわざわざゴール決めた後に駆けてきてくれるんですよ?なんか、一緒に戦っている「同志」として認めてくれているんだなと、勝手に思い込みました。サポーターは思い込みが重要ですwU-19日韓戦試合終了後、僕らのところに挨拶に来る選手たち。

この時、先発の広島の川辺駿と途中投入された東京Vの高木大輔が人目をはばからずに号泣してました。大輔には「まだ決まったわけじゃないんだから泣くな!次勝って泣け!」と大声で声掛けしときました。
U-19日韓戦一通り泣きじゃくった後の爽やかスマイル大輔。
U-19日韓戦バスの出待ちで、南野と写真が撮れました。
U-19日韓戦カバーリングが冴え渡った柏のCB中谷進之介。こちらも爽やかイケメン!

初戦の中国戦後には皆に向かって「下向くな!後2つ勝ちゃーいいんだよ!」と励ましました。第2戦のベトナム戦後には、決定機を外しまくったクールダウン中の南野に「次は絶対決めろよ!」とはっぱをかけました。

どちらの声掛けも実を結んでます。

僕は思うんです。今回のU-19日本代表は、筋書きの「ある」ドラマだと。

初戦に負けて自らを苦境に追込み、2戦目の終了間際に失点し絶望の淵に追い込まれ、そこから起死回生のロスタイム2発で息を吹き返し、第3戦で宿敵・韓国をGL敗退に追込み1位通過。過去に各年代で数々の国際大会を経験してますが、こんな急激な右肩上がりで決勝トーナメント行けるなんて、他にないです。これはこのままの勢いでぶち抜いてくれると僕は確信しています。

そんな強いキモチを持って、10月17日日本時間18時キックオフの準々決勝・北朝鮮戦に挑みたいと思います。CSテレ朝チャンネルで生中継です。未契約の方はお近くのサッカーバーに問い合わせてみてください。是非ライブでご観戦ください!


スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑