ミャンマーのヤンゴンを観光するならここに行っとけ的な奴

AFC U-19選手権で日本代表が準々決勝で敗退してしまい、選手たちと多くのジャーナリストが帰国の途に就きました。勝ち上がりを信じて航空券を手配してしまった僕らはミャンマーに取り残されてしまいました。。ということで、残留組でミャンマー最大の都市ヤンゴンで観光してきたので、写真をぺたぺた貼っていこうと思います。

とりあえず日本人経営のシェアハウスでこちらに住んでいる人に、観光名所を聞いてみたところ、ヤンゴン市内ならチャウッターヂー・パヤーとシェエダゴン・パゴダの2カ所に行っとけ的なアドバイスをもらったので、それに倣ってみました。

チャウッターヂー・パヤーチャウッターヂー・パヤーには巨大な寝仏像がいました。入場料は無料。
チャウッターヂー・パヤーとにかくデカい。
チャウッターヂー・パヤー足裏には仏教宇宙観図が描かれているそうです。
チャウッターヂー・パヤーミャンマー残留組で記念撮影。

続いて、ミャンマー最大の聖地、シェエダゴン・パゴダへ。現地在住の日本人曰く、昼に行くより夕暮れから夜にかけて行くのがいいよとお勧めされたので、日没直前に現地へ。チャウッターヂー・パヤーからタクシーで10分くらい。入場料が8USドルもしてビビりましたが。。
シュエダゴン・パゴダコンサドーレユニフォームを着て、ここで記念撮影した人は俺が最初じゃないでしょうかw
シュエダゴン・パゴダ自撮り棒で4人皆で。
シュエダゴン・パゴダ陽が沈む時間帯なので、数分ごとに空の色が変わってきます。
シュエダゴン・パゴダ仏塔の色合いも撮影する時間帯によって全然違います。
シュエダゴン・パゴダあいほん、GoPro、SONYのミラーレス、3つのカメラで撮ってるのでそれぞれによって趣も異なります。
シュエダゴン・パゴダこれはGoProの超広角で撮影した奴。
シュエダゴン・パゴダ真ん中にある仏塔がメインですが、それ以外にも見所はたくさんありました。
シュエダゴン・パゴダ建物内が全て金色で統一されている感が壮観。
シュエダゴン・パゴダ中央の仏塔から北東に位置する別の仏塔は、更にゴールド感が増してました。

ミャンマーの物価からすると8USドルは高いですが、それだけの価値がある場所です。やっぱり夜の方がカメラ好きにとっては色んな表情が撮れて、興味深いです。ヤンゴンを訪れる人はほぼ皆行くであろうシェエダゴン・パゴダ、お勧めです!

(Visited 30 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑