【写真12枚】どこよりも早い全豪オープン錦織圭1回戦現地レポート

公開日: : その他

サッカーのアジアカップを応援しにオーストラリアに来ているのですが、日本対ヨルダンの試合があるメルボルンで同日昼に全豪オープン1回戦の錦織圭の試合が観れることが前日に判明し(テニスの試合日程は大概前日に決まるらしい)、インターネットのチケット販売サイトでポチっとやって、まさかの全豪オープン→アジアカップのハシゴを敢行することになりました。

全豪オープン1回戦

実物のチケットを購入することもできるのですが、僕はメールで送られてくるQRコードでの入場を選択。非常に効率化が図れてて、時代の最先端を行った国際大会です。実物のチケットが手元に残らないのは味気ないという見方もあるとは思いますが。。

チケットは1回戦なのに、1人70豪ドル(約7千円)。アジアカップのグループステージは15豪ドル(約1,500円)で買えるので、約5倍の価格差があります。やはりテニスは金持ち向けのスポーツですね。

全豪オープン1回戦

錦織の試合は、まだ1回戦だからか、満席ではありませんでしたが、アジアカップを観に来ているサッカー日本代表サポーターや取材に来ているサッカージャーナリストが非常に多くいました。皆、考えることは一緒ですねw

僕自身、中3でサッカー部を辞めて、高1からは部活動をせずにテニススクールに週2程度通って、ちょっくらテニスをかじっていたので、テニスの基本ルールはある程度知っていました。それでもこういう公式大会をライブで見るのは初めてで、隣にたまたま座ったかなりテニスに詳しい日本人のおじさんに、チャレンジのルール(判定に1セットに3回まで異議を唱えられるルール)や、コーチと選手が話したら罰則ポイントが課せられるとか、奇数のゲームが終わったら90秒間休みがあるからトイレ行くならそのタイミングとか、色々と詳細のルールを解説してもらいながら観戦できました。

サッカーとは全然雰囲気が違っていて、サービスを打つ前の会場全体の静寂感はすごくピリピリしてて、興味深かったです。サッカーという競技は、ある意味観客が応援で「参加」できるスポーツだと僕は思ってるんですが、テニスも違った意味で観客が「参加」していて、選手が集中できる環境を会場にいるひとりひとりで作り出しているように思えました。

全豪オープン1回戦
全豪オープン1回戦
全豪オープン1回戦

試合自体もすごく面白かったんですが、僕が凄く興味深く観察していたのは、ボールボーイの挙動です。
全豪オープン1回戦

ひとつひとつの行動が凄くきびきびしてて、あのダッシュの仕方は無理すると肉離れ起こすんじゃないかってくらいに全力疾走でした。
全豪オープン1回戦

錦織がタオル持ってこいの合図をすると、さっとタオルを取りに行って手渡し、タオル使ってる最中は後ろに手を組んで待機の姿勢。この「パシリ」としての絶対服従の姿勢には心奪われました。

ということで試合の内容を。

隣のテニスに超詳しいおじさん曰く、今日の対戦相手のスペイン人、アルマグロは昔ベスト8とかまで進出したことのある実力者で、最近は怪我のせいでランクを落としてるだけで、1回戦で当たる対戦相手としては非常に厄介、とのことでした。

実際、1セット目でいきなり錦織がブレークされ、次のゲームもキープされて、0-2で試合が始まった時は、「おいおい大丈夫か・・・」と心配しました。

しかし、相手の強烈サーブを錦織も段々と拾えるようになってきて、ラリー合戦に持ち込めば正確性で勝る錦織のペースとなり、第1セットを何とか奪取。

個人的な感想ですが、錦織は安定感のあるオールラウンダーで、アルマグロは強烈サーブが持ち味のブンブン丸といった感じ。サッカーで言えば大空翼対日向小次郎みたいなw

第2セットも相手の強烈なサービスが冴え渡って接戦になり、タイブレークへ。ここで錦織は凄まじい集中力を見せて、6ポイント連続で取って、ここぞというところでの勝負強さを見せて第2セットも連取。

改めて思ったのは、テニスはサッカー以上にメンタル面が大きく作用するスポーツだなと。錦織は相手の強烈リターンが決まった時はサムアップして相手を称える余裕がありましたが、アルマグロは主審の「ネット」の判定(サービスがネットに触れたらやり直しの奴)に時折不満の表情を出したり、自分のミスショットの後に明らかにイラついた態度を見せたり、精神的にむらのある選手に見えました。

第3セットは、集中力が散漫になってきたアルマグロのミスが目立ち、6-2で錦織が取って、錦織の勝利。

結果的にセットカウント3-0となりましたが、内容を見ると全く一方的な試合ではありませんでした。開始直後の劣勢にのまれることなく、錦織が平常心を持って盛り返した第1セット、タイブレークで凄まじい集中力で6連続ポイントを取った第2セット、最終的に平常心を失ったアルマグロが自滅する第3セット。それぞれが見応えのあるセットでした。

全豪オープン1回戦

試合後にリストバンドを観客席に投げ入れる錦織。
全豪オープン1回戦スタンドからの声援にこたえる錦織。
全豪オープン1回戦

最近よく中継で見る、ビデオカメラにサインする儀式。
全豪オープン1回戦

試合後に自撮り棒で記念撮影w
全豪オープン1回戦会場の外でフジテレビの取材を受けました。明朝のめざましテレビで使われるかもしれません。「あいほんで撮るんですか?」と聞くと、そこらのデジカメよりこっちの方が画質良く撮れるんですよという返事でしたw

さて、ひとシャワー浴びて、本番の日本対ヨルダン戦に参戦します!キックオフは日本時間18時です!

スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑