魔の四連戦の最終戦は寒さとの闘いでした。。

かなり更新遅れましたが、2月21日月曜の試合観戦日記をあげます。

2月18,19,20,21日と魔の4連戦の最終日、ベルリンのオリンピアシュタディオンまで、ブンデスリーガ2部のヘルタベルリン対エネルギーコトブスの試合を観に行ってきました。

写真をクリックすると大きい画像が見れます。

このスタジアム訪問は2006年ドイツワールドカップの準々決勝、ドイツ対アルゼンチン戦以来です。PK戦にもつれ込み、ドイツGKレーマンのカンペ秘話が生まれた、あの試合です。

今日のお目当てはコトブスに所属する相馬崇人選手のプレーを見るため。

ちなみに相馬さんとは世界一蹴の旅の最中に、当時ポルトガルのマデイラ島のお宅にお邪魔させて頂いた事があるんです。

昨年3月にお宅にお邪魔した時の写真。奥さんの手料理までご馳走になりました。(当時の日記はこちら)

この日は極寒の地ベルリンで、夜8時15分キックオフ。夜8時時点でベルリンはマイナス6度だったそうです

こんな寒さの中での試合観戦は人生初です(-∀-;)

そんな中、お目当ての相馬選手はベンチスタート。

相馬選手の途中交替を信じて、身体の芯から温まるホットワインをがぶ飲みしつつ、試合観戦してましたが、結局彼の出番はないまま、試合は2-2の引分けに終わりました。。_| ̄|○

相馬選手が出場しなかったのは残念でしたが、まー応援してたコトブスが負けなかっただけ、よしとします。

それにしても、試合終了のタイミングでは氷点下10度近くまで下がってた環境下で、外で100分以上じっとしながらサッカー観戦とかして、よく風邪を引かなかったもんだなと。ホットワインの威力は偉大でした(・∀・)

これでレポート終了ってのもちょっと味気ないので、ベルリンで撮影した写真をちょっとご紹介。

ベルリンの地下鉄ホームはこんな感じです。旧共産圏の東ドイツを思わせる雰囲気。

ホットドッグ屋さんのキャラクターがシュールだったんで、パシャリ。

そんな感じで魔のブンデス4連戦を乗り切り、22日火曜はイタリア・ミラノに移動し、23日水曜に中1日でCLベスト16のインテル対バイエルンの試合を観戦したわけですが、一旦ブログ切って、次のエントリーで観戦記をあげます!

(Visited 135 times, 19 visits today)
タイトルとURLをコピーしました