【ドルトムントのホーム試合】リアルに8万人で「揺れる」スタジアムを体感してきた。

公開日: : 最終更新日:2015/04/24 海外リーグ

2月19日土曜はドルトムント対ザンクトパウリの試合を観に行ってきました。

試合前に、香川真司が情熱大陸に出た時に取り上げられたドルトムントの寿司屋、FUKUOKAへ。

うどんと巻きセットに寿司を2貫追加で、昼からビールも頂いちゃいました。

んでもって、キックオフ1時間前にスタジアムに到着。ドーハに居る時にネット経由で予約した入場券をチケット引換所でゲット!

ゴール裏の2階席で39ユーロ。意外と高いです。

8万人がスタジアムに大挙押し寄せるので、中に入るのでも大行列。

実際、ドルトムント中央駅からスタジアムに向かうトラムに乗るのにも、ホームに入る人数を規制してて、とにかくスタジアムまで辿り着くのに時間を要しました。今後、ドルトムントのホームの試合を観に行く予定の方、余裕を持ってお出掛けください。

んでもって、中に入ってみました。アウェイゴール裏の2階席。

ザンクトパウリのサポーター席では、大きなドクロ旗が振られてました。

ゴール裏席の傾斜はこんな感じです。日本のスタジアムと比べると、かなり急かと。

香川真司のタオルマフラーが売ってたので、購入。15ユーロとちょっと高め。

ドルトムントサポーターとぱしゃり。

試合はパラグアイ代表のFWバリオスの活躍でドルトムントがザンクトパウリを2-0で下しましたが、80,720人でスタジアムが「揺れる」シーンを含め、動画を撮影したので、是非ご覧ください!

こんな雰囲気の中、香川真司は2010年前期のシーズンを戦っていたんですね。サッカー選手にとって、こんな幸せな空間はないかと。

そんな香川選手は骨折治療中のため、この日のピッチには立てなかったわけですが、スタンドにはたくさんの「香川真司」がいたので、かき集めてきました!

香川真司の5トップwww

先週の親善試合、ドイツ対イタリアの日記でも書きましたが、ドリンク用のプラスチックカップに各選手の顔写真がプリントされていて、試合後に「香川カップ」をコレクションしてきました。

お土産に持ち帰ります!3月13日の講演会でも抽選でプレゼントしちゃうので、どしどしご応募ください!


スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑