「慣れる」ということ

公開日: : 最終更新日:2015/08/31 コンサル苦闘日記, 過去日記

※昔のブログから移行してきました

スポンサーリンク

先週後半あたりから、また仕事の忙しさがぶり返してきました。

金曜は明け方5時帰宅。
土曜も休日出社。
今日もシータク帰り(15時間労働)。

でもなんだかね、そんなにつらくないんだわ。「慣れる」という行為は果たして、いいことなのかな?悪いことなのかな?

1月後半あたりから、すんごく仕事が楽になって、8時~9時には会社を出ることができて、平日でもプライベートな時間を持てるようになったんだ。

でもね、いざ平日に自由な時間を突然与えられても、「平日=リーマンサイボーグ」を繰り返してきている体は微妙に拒絶反応を起こしました、ハイ。

かーなり時間を持て余すようになって、家帰ってきて、ダラダラとギター弾いたり、ネットサーフィンしたり、十分睡眠とったり。

こういうマッタリ系の行為を平日にとることにすんごく違和感を感じてる自分がいたんだよ。

で、忙しさが戻ってきて、今日の帰りのタクシーの中で思ったこと。

「なんかこういうサイクルの方が心地いいなぁ・・・」

こういうのを職業病というのだろうかね(笑)。

スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑