「永遠」と「一瞬」

公開日: : 最終更新日:2015/08/31 哲学

過去ブログから残しておきたい文章を移行しています。哲学的なエントリー一覧はこちら
———————–

「101回目のプロポーズ」ってドラマを覚えているだろうか?武田哲矢と浅野温子が主演だった奴。若かった自分は、そのドラマに多大な影響を受けていたような気がする。

武田哲矢は「50年後の君を今と変わらず愛している」(10年後だったっけ?)という言葉を浅野温子に贈る。それに対して、もうひとりの男(名前忘れた。武田哲矢のライバル的存在)は今があればいいじゃないか、っていう考え方をしてた。

結局、浅野温子は永遠を誓った武田哲矢を選び、ハッピーエンドってドラマなんだが、そのドラマの最終回を見た自分は、くしくも「永遠」という言葉に惚れてしまう。

それからというもの、「永久なる誓い」とか「永遠の約束」という言葉に憧れてしまった自分は、未来と過去を意識し過ぎるあまり、今という「瞬間」をおろそかに生きてきたように思う。

要は、「変わらない」ということに執着し過ぎてたらしい。

「変化」を拒むあまり、過去を悔やんだり、未来を不安がったりして、今を生きていない。そんな学生生活を送ってきたように思う。

で、2000年22歳にして、遅れ馳せながら、初めて悟ったこと。

「永遠」と「一瞬」は、切り離して考えるものじゃない。今を噛み締めながら生きることによって、過去が活きてきて、未来が輝く。

後悔したり、躊躇したりせずに、今この瞬間を真剣に見つめて、心の赴くままに生きることこそ、最終的に「永遠」に繋がっていくのではないか?今はそう思ったりするわけであり。

「永遠」と「一瞬」、それは表裏一体のもの。

何だか宗教チックだが、正月哲学、第2章完。

(2002/01/05)

スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑