スイス・ルツェルン観光

※昔のブログから移行してきました

スイス入国前にシュツットガルトに寄り、無事財布ゲット。お帰り、我がカード達よ。

んでもって、19時にチューリッヒ到着。フランシスカが女友達も連れて、車で迎えに来てくれました。

カナダで知り合った友達とスイスで再会。

ワールドカップ全然関係ないですが(汗)。ま、開幕以来、毎日試合があったわけで、初の2連休にてサッカーと離れた生活をしてみようかなと。

フランシスカに「これからホテル予約しなきゃ」って言ったら、うち泊まってっていいよ、とのこと。

あ、ちなみに彼女は実家住まいなので、男性陣のあらぬ期待に応えられるようなシチュエーションではないことをあらかじめ言い訳しておきますw

とりあえず、車にて彼女らの地元、ツックへ向かい(チューリッヒから30kmくらい)、みんなで夕飯。

で、明日の計画を相談した結果、ルツェルンという観光地に車で連れて行ってもらうことになりました。フランシスカの友達、タティアナも来てくれるってさ。

やっぱり現地人と共に旅行するのがベストよね。

ということで、夜遅くにフランシスカ邸に到着。就寝。

朝起きて、フランシスカの父親、母親にご挨拶。一緒にスイス風ブレックファーストを頂く。

んでもって、フランシスカの車にて出発。近所のタティアナを迎えに行き、いざ、ルツェルンへ。

ヨーロッパで最も古い屋根付きの木造橋、カペル橋にて。

20060629wc01
協会の前にて。
20060629wc02
ライオン記念碑の前にて。
20060629wc03
ムーゼック城壁の上から、ルツェルンの街を一望できました。すんごくきれい。
20060629wc05

20060629wc06

一日中、おいらの観光に付き合ってもらいました。友達って素晴らしい。

で、ツックに帰ってきて、夕食はフランシスカ邸にてファミリーに交じって、スイスの家庭料理をいただきました。

スイスでもドイツ同様、最上級のおもてなし。宿代も飯代もただなんですが、ホントにいいんでしょうか。

(Visited 118 times, 21 visits today)
タイトルとURLをコピーしました