【現地観戦レポ】ブンデス入替戦1stレグ

5月19日はブンデスリーガ1部2部の入替戦、メンヘングラッドバッハ対ボーフムの試合を観に行ってきました。

事前にチケットは入手できず、かつチケットはソールドアウトと聞いていましたが、とりあえずメンヘングラッドバッハ中央駅まで行ってみて、ユニフォーム着てる人に片っ端から「エクストラチケットない?」と聞いていったら、5人目の人で難なくゲット!

ホームゴール裏の立ち見席、定価13ユーロの所を20ユーロで譲ってもらいました。

ホントはボーフムのアウェイゴール裏に行って、目一杯チョンテセの応援をしたかったんですが、そんな贅沢も言ってられず。

メンヘングラッドバッハのホームスタジアムに到着。中央駅から無料のバスが出てました。

スタジアム脇の何気ない風景をパシャリ。

メンヘングラッドバッハはブンデスリーガの中でバイエルンミュンヘンに次ぐ優勝回数(5回)を誇ってる古豪なんですが、近年は低迷しており、2007-2008シーズンは2部に降格していたチームです。

座席のないホームゴール裏は満員電車状態。なんか、とてつもない迫力を感じました。

こんな張り詰めた緊張感の中、サポーターに「写真撮ってください」なんてお願いできるわけもなく、今回は自分の写った写真は一枚も撮れずw

ボーフムゴール裏からはブンデス恒例の発煙筒が火を吹いてました。

怪我明けのチョンテセはベンチスタートでキックオフ。

入場者数は54,057人。超満員でした。

隣のドイツ人とハーフタイムに英語で世間話をしました。

ドイツ人 「どこから来たんだ?」
アシシ 「日本だよ」
ドイツ人 「この試合はspecial gameだってこと、知ってるか?」
アシシ 「知ってるよ」
ドイツ人 「よくこの試合のチケット取れたな」
アシシ 「駅前で声掛けた人に20ユーロで譲ってもらったんだよ」
ドイツ人 「マジで?来たくても来れなかったサポーター沢山いるのに!」

意外と僕はラッキーだったようですヽ(゚◇゚ )ノ

ゴール裏でもこんなに見やすい。このスタジアムもデュイスブルク同様、とても素敵でした。

試合はホームのメンヘングラッドバッハが押し気味で試合を進めるも、0-0で前半終了。後半頭からチョンテセが投入されるも、流れはあまり変わらず。それでもボーフムのGKがことごとく枠内シュートをはじき出し、0-0のまま試合終了かと思いきや、後半ロスタイムにドラマが待っていました。

詳細はこの動画をご覧ください!

ラストワンプレーでメンヘングラッドバッハが決勝ゴールを決め、終了のホイッスルという劇的な幕切れ。

とにかく凄まじい盛り上がりでした。動画ではその10分の1も伝え切れてないと思います。あの臨場感はゴール裏の現場でしか味わえないものだと思います。ま、僕はその歓喜の渦の中で、ひとり寂しく肩を落としてた訳ですがw

ま、まだ1stレグが終わっただけ。2ndレグでボーフムは2点差以上の差を付けて勝てばいいだけです。テセが2点決めればいいんです。

2ndレグはボーフムで5月25日水曜夜8時半キックオフ。日曜からイタリアに渡りますが、2ndレグに照準を合わせて、またドイツに戻ってくる予定です!

(Visited 61 times, 4 visits today)
タイトルとURLをコピーしました