宇佐美貴史のバイエルンデビュー戦を現地観戦してきました。

昨日のブログからの続きです。

リーガトータル2日目は3位決定戦のバイエルン対マインツと決勝のドルトムント対ハンブルガーSVの2試合を現地観戦してきました。

試合前に余裕があったので、スタジアム外にあるイベントブースを色々と周ってみました。

子供がゴールキーパーで横っ跳びしながら、遊ぶブース。

ドルトムントの移動式ファンショップも遥々マインツまで遠征して来てました。

フーズボール(テーブルフットボール)の実写版!手が固定されて、やりにくそうwww

今年完成したばかりのスタジアムの周りは、畑が一面に広がってました。

決勝で太鼓隊長を務めたすざわさんと一緒に、今日もドルトムントゴール裏で観戦。

リーガトータル2日目の第1戦は3位決定戦のバイエルン対マインツ。

昨日の準決勝をガチメンバーで落とし、タイトルを逃したバイエルンは今日のスタメンをほぼ総入れ替えしてきて、背番号14の宇佐美も先発に名を連ねました!

前半の序盤こそパスが全く回ってきませんでしたが、徐々に宇佐美にもパスが回り始め、前半に一本、クロスが宇佐美に通ってシュートまでいきましたが、DFにブロックされるという、惜しいシーンがありました。

それ以外は特に見せ場はなく、後半途中でミュラーと交替。個人的にはもっとドリブルでの仕掛けがほしかったところ。

試合は2-2で決着がつかず、PK戦へ。

こちらの半面でPK戦、あちらの半面で次に決勝をやる2チームがアップするという、中学の練習試合みたいな構図w

PK戦をバイエルンが制し、バイエルン3位、マインツ4位となりました。

続いて決勝のドルトムント対ハンブルガーSV。香川は昨日に続いて先発。

ドルトムントは面白いようにパスが繋がり、香川は幾度となく決定機を演出していました。

1年チームの主軸としてやってきて、チームメンバーから絶対の信頼を得ている香川と、コンビネーションもままならない2軍のメンバーでデビュー戦となってしまった宇佐美を比較するのはかわいそうですが、格の違いは明らかでした。

香川は、今週末のスーパーカップを見据えてか、前半で交替。

今日の入場者数は32,284人。

試合は終始ゲームを支配したドルトムントが2-0で快勝。2011リーガトータルを制覇しました。

香川は今季も怪我がなければ、チームの柱として大活躍してくれそうな、そんな予感がする、クオリティの高い動きを披露していました。

対してドイツでの公式戦デビュー戦となった宇佐美は、僕個人的にはまだまだ物足りない感じがしました。今度はバイエルンのガチメンバーに混ざって、躍動する宇佐美を観てみたいもんです。今後の活躍に期待です!

(Visited 115 times, 18 visits today)
タイトルとURLをコピーしました