宮澤裕樹の今季初得点で札幌が北九州に1-0快勝で首位堅守 肝は後半の布陣変更

今日は昼にフットサルやってたので、情報遮断して、スカパー!オンデマンドでディレイ再生してJ2札幌対北九州戦を観戦しました。

スポンサーリンク

前半、北九州はラインを下げて、札幌の攻撃を後ろでどっしり構えてボール奪取してからロングカウンター、という戦術で来て、札幌は何度かパスミスしてからの鋭いカウンターを喰らい肝を冷やしましたが、最後は韓国五輪代表の正GKク・ソンユンがファインセーブして事なきを得る展開。

そして、前半ロスタイムにヘイス→内村→都倉と繋いで、左サイドを抜けた都倉がグラウンダーのクロスをあげて、そのクリアボールをキャプテン宮澤裕樹が押し込んで札幌先制。

20160619_02

鼻骨骨折しているため、フェイスガード姿で喜ぶ宮澤キャプテン。

札幌は後半途中から、足が止まってきたヘイスに替えてジュリーニョ、内村に替えて前寛之の2枚替えを敢行。

スカパー!では2ボランチの1人、宮澤を前に上げるんですかねと解説してましたが、その後の布陣を見ると、前寛之、深井、宮澤と3ボランチを形成。

その後試合終了まで、スカパー!の実況と解説は札幌ドームの上の方から俯瞰して見れるのにも関わらず、その布陣変更には一切言及せず。これはちょっとどうかと思いました。

後半終盤の北九州は、パワープレーに切り替えてきましたが、それはDF増川を中心に無難に跳ね返し続けて、1-0のままタイムアップ。コンサドーレは札幌ドームの無敗記録を15に伸ばしました。

僕的には後半途中の布陣変更で、守備力の高い宮澤を3ボランチの右サイドに持ってきて、守備力に難のあるウイングバックのマセードのサポートをさせたのが、非常に効果があったと考えています。

宮澤はスタミナもあるので、相手サイドバックが終盤に無理矢理アーリークロスを上げる時にも、しっかり距離を詰めてマークに行って、クロスの精度を落とす作業を地味にやっていました。こういった地道な努力の積み重ねが勝ち点3に繋がったかと。

今日のヒーローインタビュー&MVPは当然宮澤裕樹。

宮澤裕樹

これでJ2首位堅守。次からの3連戦。全部現地参戦の予定です!

6/26群馬アウェイ戦→現地
7/3横浜FCホーム戦→現地
7/9C大阪アウェイ戦→現地
7/16岡山アウェイ戦→テレビ
7/20松本ホーム戦→現地
7/25岐阜ホーム戦→テレビ
7/29からリオ五輪現地参戦

——————-
海外旅行が好きな人必読の電子書籍を出版しました。海外旅行を個人手配するノウハウをまとめた本です。

海外旅行の計画の仕方や節約術、海外での防犯対策など、私の10年間に渡る旅人ライフで培った経験を凝縮しました。近々海外旅行に行く予定の方は是非お読みください。詳細の解説はこちら

村上アシシのプロフィールはこちら



Instagram

スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑