「安定」とは何か?

過去ブログから残しておきたい文章を移行しています。哲学的なエントリー一覧はこちら
———————–

辞書を引いてみた。

 

 

安定とは・・・

(1)落ち着いていて変動の少ないこと(さま)。
(2)ある系が、外からの作用により微小な変化を与えられても、もとの状態からのずれが一定の範囲に収まるような状態。

 

 

「安定」と一口に言っても、社会的安定、物理的安定、経済的安定、精神的安定、いろんな切り口が存在する。

自分の場合、住所不定だし、フリーターだし、資格やら肩書きやら何もないし、固定資産ゼロだし、終生の配偶者がいるわけでもないし、上記辞書の意味でも落ち着きないし(-∀-;)、そういった意味で世間一般的に言うと、自分のポジションは完全無欠の「不安定」な状態である。

 

 

ただ、僕は、「不安定」な状態でいることこそが、本質的な意味での「安定」な状態を作り出す要素と成り得る、と考えている。

 

 

つまり、外的要素における「安定」を一切排除した上で、自己における基軸を再定義するアプローチ。結局、安定とは、自分自身の「ブレない軸」依存ではないかと、そう考えるわけで。

 

 

反対意見も色々あるかとは思いますが、こうやって日々、敷かれたレールから脱線した我がアウトロー人生をわざわざ自己肯定して、異国の地で寂しく独りで生きていますw

(2008/06/10)

(Visited 88 times, 4 visits today)
タイトルとURLをコピーしました