矛盾と孤独の中で

過去ブログから残しておきたい文章を移行しています。哲学的なエントリー一覧はこちら
———————–

矛盾と孤独。

20代を振り返ってみると、僕はこのふたつの事象と常に戦ってきたような気がする。

ダークサイドのものと決めつけ、何かと対峙する姿勢を保ってきたように思う。

 

 

30代、僕はこのふたつの事象と共に生きてみようと思う。

いや、筋の通ってない人生を歩むつもりはないし、結婚しないで一生独身でいようと決めたわけでもない。

 

 

ただ、矛盾を許せる人間になろうと思う。孤独を愛せる人間になろうと思う。

 

 

矛盾を許容し、その真因を理解することで、自身の軸を、よりブレないものにしていくことって可能なんじゃないだろうか。

孤独と向き合い、自身の存在の儚さを受け入れることで、より深く、人を大切に思うことができるんじゃないだろうか。

そんなことを想ふ霜月の夜更け。

(2007/11/03)

(Visited 76 times, 14 visits today)
タイトルとURLをコピーしました