僕は賢者にはならない

公開日: : 最終更新日:2014/12/08 哲学

過去ブログから残しておきたい文章を移行しています。哲学的なエントリー一覧はこちら
———————–

※ドラクエやったことない人にとっては、意味昆布な日記になりますが、ご了承ください。

職業「戦士」から「遊び人」に転職して、結構な月日が流れた。

剣やら鎧やらを脱ぎ捨て、キメラのつばさを使いまくって、世界を旅する日々。

経験値もいい感じで溜まってきて、もうLv20を超えていると思われる。

がしかし、僕は賢者には転職しない。

とりあえず、遊び人のまま、ノホホンと生きていこうと思う。

ろくに武器も防具も装備できない僕ですが、呪文も唱えられないマジックポイントゼロな僕ですが、仲間が必死に戦ってる最中でも、コマンド無視して遊んじゃう僕ですが、そういう人生もありなんじゃないかと。

「強さ」を追求するならば、装備できるアイテムも唱えられる呪文も、圧倒的に多い賢者に転職すべきだけど、まずもってして、この世界で生きていく上で、なんも、打倒バラモス!っていうミッションが全てじゃなくね?と思うわけで。

世界平和とか、ロトの血を引いている者達に任せておけばいいんじゃないかと。

とまあ、ドラクエに喩えて、今の自分の人生に対する捉え方を表現してみたわけだが、つまり、人生の「立ち位置」が大きく変わったわけで。

戦士、いわゆる炎上ジョブに挑み続けるファイヤーファイターという職業を卒業し、遊び人、いわゆる目的意識ゼロの旅人になってから、2年近くさすらい続けてきた。

そのまま遊び人として、またプロジェクトの現場に戻ってきたわけだが、この立ち位置の変化は、男として一生逃れられないミッション:仕事に対するとらまえ方を劇的に変えた。

2005年に僕は、「仕事」という事象に対しての雑感として、こんな表現で日記を書いている。

http://atsushi.cocolog-nifty.com/blog/2005/02/post_10.html

被害者妄想から脱却しない限り、この業界での寿命は尽きたも同然、という考え方。

あれから3年。僕はあの無残なスパイラル状態から、完全に脱した。

全ては、立ち位置の変化に起因していると思われる。

「戦士」や「賢者」ではなく、敢えて「遊び人」でい続けること。

転職なんてしない。まして、「悟りの書」なんてのも要らない。

僕はひとり、遊び人Lv99を目指しますw

(2008/03/11)


スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑