【世界一蹴の旅回顧】凱旋門賞&PSG観戦&田舎町でホームステイ

2010南アフリカワールドカップ出場32カ国を巡る世界一蹴の旅を10年前と同じ日付で振り返るシリーズ。

世界一蹴とは何ぞや、を説明した記事はこちら↓

2009年10月1日から7日までフランスにいました。

出場32カ国のうち、日本、オーストラリア、南アフリカ、韓国、北朝鮮、オランダ、スペイン、ドイツと8カ国巡ってきて、フランスで9カ国目。

まずはパリのエッフェル塔を前に記念撮影。

パリサンジェルマン(PSG)の試合も見に行ってきました。

この年、日本馬の出走はありませんでしたが、凱旋門賞も見に行ってきました。

アクセンチュア時代の後輩にフランス人のハーフがいたので、彼の実家に泊めてもらいました。パリから車で1時間ほどの片田舎までレンタカーを走らせました。

フランスワインをいただきながら、家庭料理を食べる幸せ。やっぱり、知り合いの伝手を使って地元の人の家にホームステイする旅が、毎度最強だと実感します。

世界遺産に指定されているロワール地方にも行ってきました。

たった1週間の滞在で、これだけのネタを採取してた10年前の自分たちのアクティブさ加減に、我ながら驚きます。若いってすごいw

次はアイルランド訪問です(結果的に出場権逃した国ですが)。



Instagram

(Visited 296 times, 16 visits today)
タイトルとURLをコピーしました