札幌0-1柏 点取り屋と守護神が抜けて補強してないんだから負けが込むのは当然

明治安田生命J1リーグ第18節、北海道コンサドーレ札幌対柏レイソルをDAZN観戦。

試合はセットプレーで先制された1点を守り抜かれて、0-1敗戦。得点シーンはこちら↓

スタッツはこちら。

前半、札幌のシュート数は0本に抑えられました。9戦勝ち無しの長いトンネルの時は「内容は〇、結果は×」の試合が多かったですが、柏戦は久し振りに「内容も×、結果も×」で、完敗でした。

内容が全然伴わない「つまらない」試合で、呆れてるサポーター、切れてるサポーター、色々とツイッター上では散見されました。

コロナ禍で色々とストレス溜まる生活で、サッカー観戦でそのストレス発散できないばかりか、ストレスが更に溜まる展開はさすがにつらいですよねw

スポンサーリンク

「飛車角落ち」の状態で高望みすること自体に無理がある

福森スタメンから外すのは悪手だったとか、終盤にジェイ、アンロペ、ドドの重戦車3枚前線に並べても渋滞して終わるとか、監督の采配面で色々と愚痴りたくなる部分も多いですが、そもそも守護神クソンユンが兵役のため早めに帰国し、チーム内得点王の鈴木武蔵が海外移籍して、攻撃と守備のかなめが2枚いなくなっているわけです。

「飛車角落ち」の状態で高望みすること自体に無理がある、僕はそう思います。

ならば戦力落ちた分を補強しろよってなりますが、このコロナショックで野々村社長は5億円以上の赤字が出ると春先に発言してます。

スポンサー収入、入場料収入が今後どれだけ下がってくるか不透明な中で、年俸何千万円もする即戦力を補強できるかというと、まあ経営面から考えると無理な話かと。

つまり、今季はJ2降格もないことだし、とにかく「我慢の年」と割り切って負けが込んでもひたすらサポーターは耐えるしかない、というのが現実的な解かなと感じています。

ということで、サポーターの愚痴をコメントで寄せ合いつつ、ストレスを発散させるインスタライブを9月27日(日)22:15から吉原宏太氏と一緒にお送りします!

人気ドラマ「半沢直樹」が最終回スペシャルらしく、15分延長して放送するとのことなので、それに配慮して22:15スタートですw

前日(9/26)の神戸戦に勝ってくれれば、祝勝会的な雰囲気でインスタライブやれるんですがね。。頼むから次節、勝ってください!w


(Visited 1,384 times, 54 visits today)
タイトルとURLをコピーしました