前田俊介が練習パンツのまま出場し、慌ててベンチに戻って履き替えるも第四審判に止められるw

4月1日に実家札幌に帰省したら、コンサドーレのサポートシップパートナー関連のグッズが届いていました。
札幌対京都

夜にJ2第5節札幌対京都を観に札幌ドームへ。 札幌対京都GoProの広角カメラで撮影。

札幌対京都札幌ゴール裏。 札幌対京都古田寛幸。 札幌対京都平日夜開催で8千人越えは、まあ及第点かなと。

で、今日の本題。

立て続けに札幌が2失点した後に、前俊とニウドが同時投入されたんですが、前俊のパンツを見てみてください。 札幌対京都 ニウド(右)のパンツのサイドにはカッパのロゴが入ってますが、前俊(左)のサイドのデザインがちょっと違うのがわかるかと。

「お笑い芸」と表現しましたが、イエローカード提示の規定として、「主審の承認を得ずに意図的にフィールドから離れる」という項目があります。これ、主審がちゃんと見てたら警告対象になってたかも。。

良い意味でマイペース、悪い意味で気が抜けてると言える前俊。これからもたくさんのネタ提供、よろしくお願いしますw

それにしても、代表戦のうっちーのネタと言い、2日連続で「オフザボール」のネタに楽しませてもらいました。これだからスタジアム観戦は面白い。今週末もJリーグの試合が全国各地であるので、是非スタジアムに足を運んでみてください。面白い発見があると思います。

肝心の試合は、18本のシュートを浴びせた札幌が決定機を決めきれず、ワントップのナザリトがそのうちシュート10本を放つも得点はPKの1点のみに留まり、対する京都はシュート5本で効率よく2点を取って、札幌1-2京都というしょっぱい試合結果。。
札幌対京都ブラジルW杯現地仲間の京都サポ・キタケンと試合後合流。

キタケンとは川島永嗣の30歳をカタールで一緒に祝った仲でもあります(当時の川島との3ショット写真はこちら)。
札幌対京都札幌名物、はちきょうのつっこ飯を食べながら、試合後にサッカー談義(はちきょうのグルメレポートはこちら)。

当分、札幌にいる予定です。今週末日曜のコンサドーレ対ヴェルディ@札幌ドームにも現地参戦予定です。

また、4月19日のホーム水戸戦の後に、ミスターコンサドーレこと曽田雄志氏をゲストに招いて、講演会を行うので、興味のある方は是非足を運んでください。詳細はこちら

——————-

村上アシシのプロフィールはこちら。(先日更新しました)



Instagram

(Visited 264 times, 20 visits today)
タイトルとURLをコピーしました