日本3-3ハイチ ハリルは最悪の試合と断じるもテストという観点では意味のある試合

10月10日は日本代表対ハイチ代表を見に日産スタジアムまで行って参りました。今日はチケットが売り切れていないということで、ゴール裏でも2階席の端の方でまったり見ようということで、キックオフギリギリに到着。

長友のアシスト、倉田のゴールであっさり7分に日本先制。

その後17分に、杉本健勇の代表初ゴールで2-0。

なんか楽勝モードなのかなと思いきや、ハイチの最初の決定機で28分にあっさり決められて、スコアは2-1で前半を折り返しました。

その後、FKのリスタートで油断してる隙を突かれて後半8分に同点、後半33分にスーパーミドルを決められて逆転される展開。

収容率が65%ということで、ちょっと寂しい数字。

で、後半途中から香川真司が投入されてスタートからの4-3-3から4-2-3-1へ布陣が変更になってました。

そこから後半ロスタイムに高徳のミドルに香川が最後触ってコースを変えて、何とか3-3に追い付いて試合終了。

ハリルホジッチ監督は会見で「最悪な試合」と言ってましたが、個人的には、来年本番のW杯23人枠に向けたテストとしては、非常に有意義な試合だったと思います。

これで例えば一方的に3-0で完勝して、「マッチメイクが良くない」とピッチ外の方に論点がずれていくよりかは俄然良かったんじゃないかなと。

来月の欧州遠征、ブラジル戦とベルギー戦、両方現地行きます!今週末はJ1再開ということで、金曜に帰省します!

—-
最後に告知。

村上アシシのプロフィールはこちら



Instagramn

(Visited 81 times, 16 visits today)
タイトルとURLをコピーしました