目標設定はSMARTに 2020年のターゲットを掲げてみる

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

子シシの2019年サマリ動画作ったので見てみてください。

IT企業の新人研修の外部講師として毎年教えているのは、「目標設定のSMART」です。

Specific 具体的な(抽象的なのはNG)
Measurable 測定可能な(定性的なのはNG)
Achievable 達成可能な(絵に描いた餅はNG)
Related (より上位の目標に)関連した
Time-bound 時間制約のある(期限設定がないのはNG)

これら5つの要素を満たす目標設定が、より円滑にPDCAを回しやすくなるということ。

ということで、これらの要素を満たすように2020年の目標を掲げてみたいと思います。

先週ブログに書いた通り、ここ10年はサッカー現地観戦が人生における優先順位1位でしたが、昨年パパデビューを契機に「子育て」が人生の優先順位1位に踊り出ました。

今まではサッカー観戦に関わる目標をセットしてましたが、今年は「子育て」に関する目標を。

子どもがもうちょっと大きくなったら、プールとか海に連れていく機会が多くなると思っています。がしかし、僕は泳ぐことができません(僕らの時代、北海道の小学校にはプールがないところが多くて、自分の場合、夏に1回くらい隣の小学校のプールまで遠征して水に慣れて終わり、という授業だった。今は結構プールのある小学校も増えたんだろうけど、うちらの世代の道産子は泳げない人が多い)。

仮に子どもが溺れたりした時に、父親が助けることができずに傍観してるとか、そんなのできっこないじゃないですか。かといってカナヅチの父親が助けにいって、2人揃って溺死とかも洒落にならないじゃないですか。

なので、2020年の目標は「大人の水泳教室に通って、25メートル泳げるようになる」こと。

この目標は具体的だし、測定可能だし、達成可能だし、上位目標の「子育て」に関連してるし、2020年中と期限も設定したし、「目標設定のSMART」は満たしていると思います。

いや、40超えたおっさんが今更水泳習うとか全然スマートじゃないでしょとか突っ込みあるかと思いますが、僕は真剣です。笑う人は笑ってください。子どもの成長を見守るうえで必要なスキル習得に真面目に向き合おうかなと。

近所のスポーツセンターで近々プールデビューして、夏までには大人向けの水泳スクールを見つけて通うつもりです。

ということで、今年もよろしくお願いします!



Instagram

(Visited 1,258 times, 6 visits today)
タイトルとURLをコピーしました