僕がYoutubeのビジネスチャンネルを今更始めた理由

一昨日の夜、Youtubeでビジネスチャンネルを新しく開設して、第1回の動画を投稿しました。

「音が小さい」とか「喋りのテンポが遅い」とか、色々とフィードバック頂いてますが、今後改善していきます。

まずは「スタートする」ことが重要だったので、家に0歳児がいる中、嫁に協力してもらいながら何とか表に出せるクオリティの動画を収録できてホッとしています。嫁には子シシの面倒もそうだし、動画のキャプチャ画像もデザインしてもらいました。

2分のダイジェスト版動画はツイッターの方に載せてます。

スポンサーリンク

僕がYoutubeのビジネスチャンネルを今更始めた理由

ちなみになんですけど僕、Youtubeって2006年から動画撮ってアップしてたんですよ。2006年のドイツW杯総集編動画は26万回再生されてます。

2009-2010年の世界一蹴の旅でも世界中から100本近いムービーをアップしていました。

でもこれらの動画って基本的に「旅とサッカー」の現場の動画なんですよね。

僕自身、2000年にアクセンチュアに入社した以降、20年間もコンサルタントとして現場で仕事してきているのに、そっち系(ビジネス系)のコンテンツを発信する機会があまりなかったので、改めて「村上アシシのビジネスチャンネル」というものを立ち上げてみた、というわけです。

僕らおっさん世代が老害化しないためにも

40代のおっさんとしては、「ビジネス関連の情報のインプットなんて読書がメインで、Youtubeの動画なんてそんな見ないよ・・・」と自分自身も思うんですが、それって思考がストップしている証拠だと思うんですよ。

今の若者ってYoutubeで情報を探すのが当たり前なんですよね。僕らおっさん世代が「読書をしない今時の若者は・・・」と批判したところで何も始まらない。スマホネイティブ世代のやり方を受け入れて、僕らも最新のスタイルにキャッチアップしていかないと、僕らおっさん世代は老害化していく一方なんではないかと。

そういう危機感をもって、今更ながらYoutuberデビューしてみました。ビデオカメラに向かってただ喋りまくるやり方は全然慣れませんが。。

ビデオカメラに喋り倒すスタイルに慣れてきて、生産性が上がってきたら今後はサッカーチャンネル、子育てチャンネルも立ち上げて、色々とおっさんなりの知見をまとめていこうと思います。

今後とも弊ブログとともに、Youtubeのメディアもよろしくお願いします。

(Visited 785 times, 25 visits today)
タイトルとURLをコピーしました