遂に我が愛馬ラルワースコーヴが帰厩! キャロットの勝ち上がり率を調べてみた

2年前に初めて一口馬主として、馬に出資しました。

当時はまだ1歳で、2年経ってラルワースコーヴ(牝馬)は3歳になりました。

世代最強馬を決めるオークスとダービーが終わりましたが、まだ我が愛馬は出走すらしてません(汗)。

今年1月に新馬戦に登録するも、直後に脚が腫れて出走を取り止めて放牧へ。その後外厩でも一頓挫あり、なかなか思うように調整ができてませんでしたが、遂に5月30日に帰厩しました!

スポンサーリンク

重賞5勝しているキズナ産駒だけに期待大

今年の3歳の未勝利戦は9月6日までなので、あと3カ月で出走までこぎつけてほしいし、何とか勝ち上がってほしいです(順調にいけば2~3戦はできそう?)。

既に3歳世代だけで5頭の重賞勝ち馬を輩出しているキズナ産駒だけに、期待しています。

ちなみに一口馬主DBを見てみると、キャロットクラブの3歳世代(2017年生まれ世代)は全79頭中、まだデビューできていない馬は6頭(そのうち3頭が既に引退)。

逆にいえば、92%がデビューできてるわけで、キャロットクラブ全体のデビュー率を上げるためにも、何とか頑張ってほしいです!

キャロットクラブ全体の勝ち上がり率を見ると、毎年50%前後。今年は5月31日時点で53.2%。昨年は60%超えていたので、昨年に追いつくべく、ラルワースコーヴも残り3カ月で勝ち上がれるよう、応援したいと思います。

※キャロットクラブより許可をもらった上で情報発信しています。


先日、自己紹介Youtube作成したので見てみてください!

(Visited 418 times, 60 visits today)
タイトルとURLをコピーしました