キャロットクラブ抽選結果発表!ノーザンホースパークで願掛けした甲斐ありました!

昨日からシルバーウィークに合わせて札幌に帰省しています。

今日はノーザンホースパークに家族みんなで行ってきました(キャロットクラブ会員だと入場料無料)。

本日、キャロットクラブ1歳馬募集の抽選結果発表ということで、キャロット勝負服の像のところで願掛けしてきました。

3歳児に乗馬させたり、ディープインパクトのお母さん、ウインドインハーヘアの写真を撮ったり、半日観光を楽しんできました。

スポンサーリンク

17頭申し込んで4頭当選!

そしてキャロット抽選結果発表の運命の15時。

ちなみに前日のカテゴリー別抽選結果発表で当選確定は0頭、落選が5頭、抽選の土俵に乗ったのは12頭、という形でした。

ということで、15時過ぎに公式ウェブサイトにアクセスしてみると、、、

最優先で申し込んだヒストリックスターの21が見事当選!一般で申し込んだ16頭の中からも3頭が当選しました!

これで今年の合計出資金額は10万+12.5万+7.5万+20万=50万円となりました。

過去の推移は
2022年 50万円(4頭)
2021年 29.5万円(4頭)+追加募集で5万円(1頭)
2020年 36万円(3頭)
2019年 37.5万円(3頭)
2018年 4万円(1頭)

先日書いたブログ(↓)で書いた通り、推定当選率を元に、合計2~4頭当たればいいなと思って多めに申し込んだのですが、期待した通りの結果になってほっとしています。

出資が決まった4頭をそれぞれ紹介します。

シャルールの21

初出資となるエピファネイア産駒です。関東の菊沢隆徳厩舎所属の牝馬です。5月5日生まれと遅めの生まれですが、既に体重440kgあり、更なる成長力を見込んで申し込みました。

母馬優先有の馬だったので倍率低めに予想してたんですが、当たってくれて嬉しいです!(この馬だけ牧場見学ツアー時に写真撮れてない。。)将来のアワブラ入りに期待したいです。

ブルーメンブラットの21

これも初のモーリス産駒への出資です。関東の武井亮厩舎所属の牡馬です。

既に522kgもある馬格が凄く雄大で(隣に300kg台の馬が展示されてたので一際目立った)、牧場見学で一目惚れしました。お母さんもGⅠ馬だし、期待度は凄く高いかと。

全兄の4歳馬ブルメンダールが1勝クラスでくすぶっているのが若干心配ですが、馬格がそもそも違うので、ダート路線でもいけるんじゃないかと踏んでいます。

ビートリックスキッドの21

2頭目のドゥラメンテ産駒への出資です。関西の西村真幸厩舎所属の牝馬です。

半姉のサトノガーネットがGⅢを勝っているのに価格が3,000万円とキャロット内ではお手頃価格だったので申し込みました。将来のアワブラ入りに期待したいです。

ヒストリックスターの21

直前にトータルヒートの21からこの馬に最優先申込対象を切り替えたのは大成功でした。あのままトータルヒートの21に突撃していたら、「×1抽選」だったので、自動的に落選していました。票読み頑張って良かった。

この世代が初年度産駒となるレイデオロ産駒です。関西の友道康夫厩舎所属の牡馬です。友道調教師はこの7年でダービー3勝という記録を残している現役屈指のトレーナーです。

半姉にGⅠ馬ハープスターのいる良血馬。一口20万円もする高額馬なので、是非ともクラシック路線の王道を歩んでほしいです!サンデーサイレンスの血を一切持たない馬なので、将来種牡馬になってくれたらめちゃくちゃ重宝すると思います!

4頭とも、僕にとって初の厩舎です。関西関東2頭ずつ、牡馬牝馬2頭ずつと均整の取れた結果になりました。

ご一緒の方、よろしくお願いします!

これでひとまず今年のキャロット祭は終了ですね。キャロット民の皆さん、お疲れ様でした!

関連ブログ

※キャロットクラブの許可を得た上で情報発信をしています。

タイトルとURLをコピーしました