キャロットクラブ2年目は3頭ゲット! 計4頭の一口馬主になりました

今日、キャロットクラブの第1次募集の抽選結果発表がありました。

86頭中、1次募集で満口(400口)の申込がなかったのは16頭のみ。実に80%以上の馬が1次募集で400口以上の申込が殺到する人気ぶり。

僕が申し込んでいた馬は以下の8頭。

8頭中、3頭が抽選前に落選確定、4頭が抽選の土俵に立つことができて、1頭が抽選なしで当選確定という流れ。

結果、4頭中2頭が抽選で当選して、今年は以下の3頭の一口馬主になることが決定しました。

スポンサーリンク

アヴェンチュラの18 牡馬

秋華賞馬の第4子。キングカメハメハ産駒。年齢が上の兄弟の3頭がまだ1頭も勝ち上がっておらず、血統的にも脚部不安のリスクがあり、それでいて8千万円(1口20万円)という強気な価格なので、1次募集では全然人気になりませんでしたが、個人的には血統と厩舎(ステルヴィオの木村哲也厩舎)に魅力を感じたので、リスク承知でドカンと1口20万円ぶっこみました。

シシリアンブリーズの18 牝馬

これまたキングカメハメハ産駒。今勢いのある松永幹夫厩舎。叔父にクロフネがいる良血。栗毛の馬体が美しい。3,600万円で1口9万円。一般申込での抽選で、1枠ゲット。

エルミラドールの18 牝馬

ロードカナロア産駒。クロノジェネシスを管理している斉藤崇史厩舎。アヴェンチュラの18と従兄弟の関係に当たります(アヴェンチュラとエルミラドールは姉妹で、これら2頭のお母さんはアドマイヤサンデー)。3,400万円で1口85,000円。一般申込での抽選で、1枠ゲット。

今年の出資額は20+9+8.5=37.5万円となりました。

去年、新規会員で何とかゲットしたパラダイスコーブの17(キズナ産駒の牝馬、ラルワースコーヴと命名)含めて、4頭出資の体制が整いました。今後が楽しみです。

ちなみにこのラルワースコーヴ、まだ牧場でぬくぬくやってます。秋か冬頃にデビューじゃないでしょうか。

同じ馬に出資している方、是非ツイッターとかで交流しましょう!

※キャロットクラブより許可をもらった上で会報誌の紙面を転載しています。



Instagram

(Visited 1,403 times, 75 visits today)
タイトルとURLをコピーしました