【J2日帰り遠征】水戸アウェイ戦日帰りバスツアー

公開日: : 最終更新日:2014/04/04 Jリーグ ,

8月25日はコンサドーレ札幌の関東地区後援会主催の日帰りバスツアーに参加して、水戸アウェイ戦に参戦してきました。

水戸対札幌戦車内でサッポロビール飲んだくれてたらあっという間に着きましたw

水戸対札幌戦バスツアーにはレコンビンユニを手造りしてきてるサポも参加してました。

水戸対札幌戦ケーズデンキスタジアム。メインスタンドの屋根は立派ですが、ゴール裏は地面低くて見づらいです。。

水戸対札幌戦しかも座席なしの芝生席なので、試合前はほぼピクニック状態w

水戸対札幌戦ベトナム代表ユニ着ているベトナム人がいたので、記念撮影!

水戸対札幌戦ってことで選手入場

水戸対札幌戦前半は水戸に押し込まれながらも0-0。ハーフタイムに札幌サイドで花火が上がりました。

後半も序盤から水戸のペースで62分に先制点を許すも、その後札幌は内村、河合、砂川と交代選手を次々と投入し、フォーメーションも変えてくると、76分に上原のゴールで追いつき、続いて85分にフェホの逆転弾が決まるという展開!

水戸対札幌戦フェホはゴール決めた後、ゴール裏に突っ込んできて、スカパーでアシシ抜かれるというw

このシーン、今でも鮮明に脳内再生されるんですが、逆転ゴールの後、フェホは雄叫び上げながら一目散にゴール裏に突進してきて、197cmの巨人がものすごい形相で自分目掛けて突撃してくる様はリアルホラー映画でしたw

水戸対札幌戦97分にもうっちーのトドメ弾が決まり、ゴール裏はお祭り騒ぎw

ゴール裏の地面が低いのは試合の見にくさと引き換えに、こうやってゴール決まった時に選手と一緒に喜びを爆発できるメリットもあるということを、この試合で僕は初めて知りました。札幌ドームじゃ絶対できないんでw

やっぱり後半に点入るのが劇的に面白いですね。というのも、前半は向こう側に攻めて、後半はこっち側に攻めてくるのが普通じゃないですか(キックオフ前に陣地の入替がない限り)。

向こう側で点入っても、陸上トラックあるスタジアムなら、ゆうに100m先の出来事なので、誰が点取ったかわからん状態が多々あるわけですが、こっち側で点が入れば、選手のゴールパフォーマンスも間近で見れるし、運良ければ今回みたいに選手と抱擁できちゃうわけですよw

水戸対札幌戦試合後、定番の「すすきのへ行こう」を皆で歌って締め。

松本遠征みたいな圧勝でのお祭り騒ぎも好きですが、終盤までリードされてて最後にひっくり返す劇的な逆転劇も痺れます。J2は特に終盤はガス欠起こす選手も多く、オープンな展開となって、ノーガードの打ち合いになるケースが多々見受けられるんで、それもまた面白い!

今後も、前半はしれっと流してもらって、後半勝負の試合展開をアツく希望します!\(^O^)/

次は9月15日(3連休の中日)の栃木アウェイ戦に現地参戦します!

スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑