色々とメディアに載ったので、なでしこスイス戦を改めて振り返ります。

公開日: : 最終更新日:2015/06/19 2015カナダ女子W杯, なでしこジャパン, メディア掲載・出演

なでしこジャパンのワールドカップ初戦、スイス戦から一夜明けて、色々とメディアに載ったので、さらっと紹介してみます。スイス戦の現地レポート未読の方は先にこちらをご覧ください。

なでしこスイス戦ゴール裏が中継で抜かれた時のキャプチャ画像を送って頂きました。ザキヤマがバモバモ飛び跳ねてるので、ブレまくりwww

スポンサーリンク

yama*kenさん(@kentalow10)が投稿した動画

この時の映像も知人がインスタに動画上げてたので埋込で紹介しときます。 なでしこスイス戦日経夕刊には連覇ゲーフラが抜かれました。 なでしこスイス戦朝日新聞朝刊には僕らが渡した花束を手に持ったレジェンド二人の写真が使われました。このウェブ記事はこちら

日系のバンクーバー現地情報サイトのLifeVancouverがスイス戦をゴール裏から撮影した動画をYoutubeにあげています。僕らもちょくちょく出てきます。なでしこのファンサービスがいかに素晴らしいかも終盤の映像見ればわかります。

他にも、僕が昨日試合後にニッポン放送のラジオ番組「キキマス!」に電話出演した際のポッドキャストがあがっているので、現地からの生レポートを聞きたい方は確認してみてください。

最後に、スイス戦の所感を。

内容はグダグダながらも、グループステージで最たる強敵スイスからしっかり勝ち点3を獲ったのは、前大会女王の風格を感じました。

結局コンディショニングのことを考えると、丸1カ月の長期戦の初戦で100%の力出し切るのはタブーなんです。本田圭佑じゃないですが、「のびしろ」を持った上でグループステージを戦わないと、必ずや決勝トーナメントの終盤でガス欠するんです。そういう意味で、攻守の両面で課題を浮き彫りにしつつ、1-0で勝ち切ったのは則夫監督の経験と実績のなせる業といったところでしょうか。

ワールドカップにおいて、ファイナルから逆算してコンディションを整えることができるなでしこジャパンって、本当の意味で強豪国の仲間入りをしてるんだなと、改めて実感した次第です。

まだグループステージ突破が確定したわけではないので、気を抜くわけにはいきませんが、第2戦第3戦とコンディションを徐々に高めつつ、確実にグループステージ1位通過を勝ち取ってほしいと思います!

——————-

村上アシシのプロフィールはこちら。(先日更新しました)


Instagram

スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑