【横浜大会現地レポ】今年で3回目を迎えるコパ コカ・コーラの新しい試み

オフィシャルレポーターとして、コパ コカ・コーラの地区予選最後となる横浜大会に行ってきました。

コパ コカ・コーラ横浜大会アンバサダーの北澤豪さん
コパ コカ・コーラ横浜大会地区予選では最大の19チームが集まりました。
コパ コカ・コーラ横浜大会今日は地区予選最後の大会ということで、メディアの取材も多く来ていました。
コパ コカ・コーラ横浜大会こんなキレイなビルのふもとでバブルサッカー
コパ コカ・コーラ横浜大会ベンチの応援組をパシャリ
コパ コカ・コーラ横浜大会男女MIXのサッカー大会なのですが、横浜大会はオール女子のチームが4チームもいました。さすがJクラブが6つもひしめき合う神奈川県ですね。

さて、中学生のサッカー大会、コパ コカ・コーラは世界中で行われているのですが、日本では今年で3回目を迎えます。
コパ コカ・コーラ横浜大会今年初の試みとして、選手に11の個性(役割)を担ってもらい、その役割を意識しながらサッカーを楽しんでもらう、というコンセプトで大会が行われています。

コパ コカ・コーラ横浜大会ビプスには強心臓、頭脳派、守護神など、役割がプリントされています。

20150822_10アンバサダーの北澤豪さんは毎試合をつぶさに見て、その個性に合ったプレーをしている選手をピックアップする作業を毎試合やっていました。

20150822_12表彰式では11の個性ごとに、北澤豪さんからベストロール賞が贈られました。

20150822_11最も豪華な個人賞は、横浜F・マリノス賞。斉藤学選手のサイン入りユニフォームが贈呈されました。

20150822_13優勝チームには9月に開催される決勝大会への出場権が与えられました。

20150822_14横浜大会に参加した皆で記念撮影!

スポンサーリンク

COPA COCA-COLA地区予選の総括

今回は地区大会が6会場で行われ、そのうち名古屋大阪札幌、横浜の4会場を僕は現地レポートさせて頂きました。

そのほとんどが、サッカー日本代表や各地域のJクラブのプロサッカー選手が練習をする施設で開催されていて、ひとりのサッカープレーヤーとして、単純に羨ましかったです。というのも僕も中学でサッカー部に所属していましたが、芝のピッチでサッカーやったことなんて、中学時代なかったですもん。

更に賞品がJリーグの人気選手のサイン入りユニフォームだったり、地元Jリーグの観戦チケットだったり、Jリーグのスポンサー企業だからこそできるモノばかりで、サッカー好きのサッカー小僧にとっては、たまらない大会ではないかと思います。

以前のブログでも書きましたが、カラダの成長で重要な時期である12~15歳の年代に、サッカーを通じて正しい運動習慣を身に付けてもらうことこそがこの大会の真の目的なんですが、この啓蒙活動は、日本にサッカーを文化として根付かせていくことに最終的に繋がってくるように思います。

僕が常日頃、日本代表やコンサドーレについて情報発信している真の目的も、日本におけるサッカー文化の定着がテーマです。そういう意味でおこがましいですが、シンパシーを感じるコカ・コーラ社をこれからも、いちサポーターとして応援していこうと思います!

次は、9月26日、27日のCOPA CAMP@御殿場でお会いしましょう!

(Visited 93 times, 6 visits today)
タイトルとURLをコピーしました