富裕層ではなく浮遊層でありたい。

過去ブログから残しておきたい文章を移行しています。哲学的なエントリー一覧はこちら
———————–

自分なりに勝手に定義してみた。

富裕層

一定の富を築いて、裕福に暮らす人々

浮遊層

根を張らずに流離いながら暮らす人々

 

言わずもがな、自分は浮遊層の人間である。富裕層なんて目指すわけもない。

 

以前、「安定」とは何か?という日記で同じような内容を書いたが、どこにも根を張らずに、空中を漂いながら営む生活ってのは、世間一般的に見れば不安定な人生と捉えられがち。

だが、自分自身の軸さえブレなければ、これほど安定している生活はないと考える。

なぜならば、外部要因、いわゆる環境に左右されないから。

 

「安定」という言葉の意味を2つにカテゴライズするならば、ひとつは自分自身の安定、もうひとつは外部環境の安定だと考える。

外部環境とは、財産だったり地位だったり、富裕層が保有するものが多く当てはまるかと。

昨今の世界恐慌の中で、外部環境に依存する安定こそ、不安定だと自分は認識している。

根を張った土壌が汚染されたり、大船に乗った気分でいたらその船が沈没したり、ここ最近、そんな話ばかり。

そこで、自分がそのまま環境の変化の道連れになって、枯れてしまうか、溺れてしまうかは、自分自身の軸次第。

 

そういった意味で、自分は自身の軸をより確固たるものにするため、世界を彷徨いながら、はぐれメタルを追いかけながら、もうしばらくの間、浮遊層であり続けたいと思う。

そしてまたいつか、どこかに根を張ったり、船に乗ったりする時が来て、万が一被災したとしても、自分自身の「軸」に捕まってやり過ごせる器量を持っていたいと思う。

(2008/11/06)

(Visited 557 times, 27 visits today)
タイトルとURLをコピーしました