キャロット初出資のラルワースコーヴが世代最後の未勝利戦に出走予定 勝ち上がったらまさにドラマ

キャロットクラブで2018年に何とか一口出資できた愛馬ラルワースコーヴ(3歳牝馬)が今週末、世代最後の3歳未勝利戦に、ある程度人気を背負った状態で出走予定です。

競馬に詳しくない人に説明すると、今年は今週末の開催で「3歳未勝利戦」のレースが終わります。

未勝利の3歳馬は今週末までに1勝をあげない限り、引退するか地方競馬へ転籍するか、どちらかになります(稀に良血馬限定で未勝利でも現役続行する例外もありますが)。

つまり、中央競馬で現役を続けることができるか否かを懸けた一戦を、一口馬主として固唾を飲んで見守ることになります。

スポンサーリンク

正真正銘のラスト未勝利戦で勝ち上がったらドラマ

今週末の土日、3つの競馬場で3歳未勝利戦は合計19レースが開催されますが、ラルワースコーヴが出走する日曜の新潟6R芝1600m戦が、この世代ラストの未勝利戦となります。

まさに崖っぷちの一戦に、一口所有する愛馬が前走2着でそれなりに人気を背負った状態で出走することができるなんて、馬主冥利に尽きるというか、初出資馬でこんな貴重な経験をできるなんて、自分持ってるなとw

調教師曰く、「正直に言うと状態は一段階下がっている」と泣きのコメントが出てますが、これはもうしょうがない。体質が元々弱い馬で中1週で連戦は堪えると思いますが、なんとか頑張ってほしいです。

競馬中継をするグリーンチャンネルは現在、テレビのBSで無料で見れます。9月6日日曜、新潟6R13:05発走の3歳未勝利戦芝1600mに出走予定です。お時間ある方は是非、テレビ越しに声援を送ってください。

よろしくお願いします!

※キャロットクラブより許可をもらった上で掲載しています。

関連記事


(Visited 500 times, 28 visits today)
タイトルとURLをコピーしました