宮市亮のデビュー戦を現地観戦してきました!

2月6日日曜、フィテッセ対フェイエノールトの試合を観に、オランダのアーネムという街にやって参りました。

開閉式のスタジアム、ヘルレドーム。アーネムの駅からバスで10分で着きます。

どうせ当日券あるだろうということで、チケット売り場に突撃。

当日券を買いたいんだけどと英語で聞いてみると、なんと当日券は売ってないという回答。

はい?( ̄ロ ̄lll)

色々と詳しく聞いてみると「そこら辺にいるフィテッセサポーターにシーズンチケットを借りてきたら、購入できる」とのこと。

ということで、何人かに声をかけたら、フランクなお兄ちゃんがチケット売り場までついてきてくれて、購入の権利を譲ってくれました。

バックスタンドの後ろの方の席で、25ユーロ。

ということで、無事にゲート入場。

昨日行ったVVVフェンロのスタジアムとはうってかわって、近代的な内観でした。

パノラマで撮るとこんな感じ。写真をクリックして拡大してご覧ください。

試合前のセレモニーで花火がボコスカ上がったので、煙が会場に充満するままキックオフw

試合のハイライトはエールディビジ(オランダリーグ)の公式サイトの、この動画をご覧ください。

http://www.eredivisie.nl/video/autoplay/33623/samenvatting_vitesse-feyenoord.html

しょっぱな「日本のメッシ」という実況で宮市亮のドアップから始まり、その直後、日の丸掲げた俺が抜かれてますw

上の動画にもある、前半42分で宮市が華麗なスルーパスを通すシーンを激写。

後半、バックスタンド側に来た安田理大を撮影。

試合は1-1の引分けに終わりました。この日の試合内容の詳細は、これまたスポナビの中田徹氏のコラムをご覧ください。

とにかく衝撃のデビュー戦でした。

幾度となく左サイドをぶち抜く宮市亮の姿は、とても現役高校生とは思えないほど鮮烈でした。

最終的にチャンスにならずに上のVTRに採用されなかったシーンでも、ガンガン1対1で仕掛けて、ドリブルの勝負(というか駆けっこ勝負w)に勝ちまくってました。

オランダ地元紙の今節ベストイレブンにも選ばれたそうで(ソースはこちら)、ウィンガー大国オランダでその素質を大いに開花させてほしい所です。

フィテッセの安田みっちーもとても良い動きしてました。4バックのSBがそんな位置にいていいの?って疑問に思うくらいに、高い位置を保ってたのが印象的でした。

試合後、日の丸もって記念撮影。

試合終了後、アウェイ席で隔離されてるフェイエノールトサポがフィテッセサポとフェンス越しに揉めてました。

試合後、ファンショップにも寄ってみました。

正門で出待ちしてたら、普通に安田みっちーと記念撮影できました。

宮市亮とも写真撮れました。表情が初々しいw

フェイエサポからサインお願い攻勢にあい、丁寧に応えていました。

試合後、ファーストフード屋さんでフィテッセサポと意気投合して写真撮影w

最後に、動画も上げたのでご覧ください。フィテッセのホームスタジアムがどんな雰囲気なのか、体感できると思います!

将来、日本代表で安田理大と宮市亮が共演する左サイドを観てみたいと思うのは僕だけでしょうか!ヽ(゜ω゜)ノ

現状、長友佑都と香川真司がスタメンのポジションなんで、かなり難しいかもしれませんがw

(Visited 163 times, 12 visits today)
タイトルとURLをコピーしました