CWC決勝、バルセロナ対サントス見てきました!

公開日: : 最終更新日:2014/04/14 その他

12月18日日曜はクラブワールドカップ決勝のバルセロナ対サントスの試合を横浜まで観に行ってきました。

超絶良い席!

スペイン人?のバルセロナサポーターがバルサカラーの旗を掲げてました。

ハーフタイムに記者席の前通ったら、ピクシー発見。次の天皇杯、対戦相手の柏の視察でしょうか。

最前列にはベンチコート着て観戦してるレイソルの選手達が子供達のサイン攻めにあってました。写真はTJ。

酒井宏樹も大人気でした。右手前の白髪のおっさんはネルシーニョ監督w

スタンドには清水の前監督、長谷川健太もいたので、一緒にちゃっかりパシャリw

試合中に気になった看板。「RE-KICK ●FF JAPAN」

今日の入場者数は68,166人

2ゴール目を決めた後のメッシ君。

結果は皆さんご存知の通り、4-0でバルセロナの圧勝!\(^O^)/

ちなみに僕、バルセロナの試合の生観戦は今回が初めてだったんです。

世界一蹴でバルセロナを訪問した時は、日程的にバルサの試合がなくて、俊輔が在籍してたエスパニョールの試合を観に行ってました。当時の日記はこちら

バルセロナの試合はきっと、ホームのカンプノウで観た方が俄然面白いと思います。試合内容云々ではなく、やっぱりスタジアムの雰囲気が圧巻。僕は行ったことないんですが、ヨモケンが世界一蹴の最中に「カンプナウ!」やってます。当時の日記はこちら

バルサファンとは言わずとも、サッカーファンは是非一度、バルセロナに足を運んでみてください。街も観光名所が多いし、飯も美味しいし。

ただし、バルセロナへの直行便って日本からはないんですよね。。どこかしら経由しなきゃいけないんですが、個人的にはトルコ航空がお勧め。イスタンブール経由バルセロナ行きが、サーチャージ抜きの価格で往復49,000円とかいうとんでもない価格設定ww

しかもイスタンブールで乗継で1泊する場合、ホテル代無料とかいうキャンペーンもやってて、どんだけ至れりつくせりっていうw

今日の試合を観て、バルセロナの試合を本場で観たいって人は、是非参考にしてみてください。

さて、話は変わって対戦相手のサントス。今日はネイマール君は不発に終わりましたが、柏戦の切り返しからのミドルはさすがの一言。

このネイマール君、世界一蹴の最中に相棒ヨモケンが現地まで行って写真撮ってきてるんですw

右から2番目がネイマール君。ほっそ!ちなみに左はガンソ君ですw

あれから約2年経って、いつのまにかネイマールとか超大物になっちゃって。。それをヨモケンがtavii.comの日記で振り返ってます。

当時はそこまで有名じゃなくて、彼と写真撮った時の、彼への敬意の評し方が足りなかったらしく。。うけるw

ちなみにtavii.comってのはヨモケンが世界一蹴から帰国後に参画した会社がやってる旅行口コミサイトで、LCCのルート検索を日本語でできるサービスとか提供してます。旅好きな人は是非使ってみてください。

とまあ、話が脱線しまくりましたが、今日僕が注目していた選手は、地味にダニエウアウベス。後半からこっちサイドに来てくれて、彼のオフザボールの動き、相手DFラインとの駆け引きが生々しく目の前で繰り広げられて、とても興味深かったです。

彼のやり方は、ひたすらオフサイドの位置にいて、裏に抜け出す時に戻ってくるスタイル。

ひたすら右サイドに張りまくりのアウベス君。ちなみにカメラのレンズが壊れたようで、写真左上に常に黒丸出現してる。。

相手の3番もさぞかし嫌だったことでしょうw

今日のアウベス君、動きは良かったと思いますが、フィニッシュが。。w

テレビではこれだけサイドに張った選手まで画面内に映すこと難しいですからね。彼のオフザボールの動きに注力してるだけで、面白かったです。

さて、今年のサッカー観戦もこれで終了(のはず)。近々、今年のサッカー観戦を総決算する日記を書く予定です。乞うご期待!

スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑