川崎1-1札幌 チビアシシのスタジアムデビュー戦で貴重な勝ち点1をゲット

明治安田生命J1リーグ第15節、川崎フロンターレ対北海道コンサドーレ札幌を見に等々力競技場へ。子どもを連れて初めてサッカー観戦に行ってみました。

ミルクあげたり、おむつ交換したりのバッファ時間の見積もりをミスり、席到着と同時に選手入場。

公式スタッツによると、川崎のシュート数19本、札幌のシュート数3本。こんな劣勢の中でよく引き分けに持ち込むことができたなと。

ハイライトはこちら。

今日のMVPは全会一致でGKク ソンユンかと。PKストップもあったし、週明けのナイスセーブ集に確実に選ばれるセービングもあったし。ソンユンは試合後泣いていたようだけど(ホイッスルダッシュしたので、ゴール裏への挨拶は生で見れず)、彼がいなければ勝ち点1は取れなかった。誇っていい引分けかと。

スポンサーリンク

等々力からの帰り道にタクシーアプリを使ってみた

等々力競技場から駅までの距離は結構あるので、帰り道はタクシーを配車してみました。事前に神奈川県の大手タクシーに電話して、予約とかできるか聞いてみたら基本的に前々からの予約は不可とのこと。なので、後半30分くらいから、タクシーの配車アプリを使って呼び出してみたら、難なく配車に成功(スタジアムに横付けはできなかったので、ちょい離れた交差点を乗車位置に指定)。

帰り道に雨も降ってきたし、タクシー配車ができて本当に良かったなと。

子連れで安全にスタジアム来訪するために、こうやって色々と工夫をした結果、何のトラブルもなくスタジアム観戦できました。

とはいえ子どもによってはぐずる子もいるでしょうし、大音量を嫌がる子もいるでしょうし、健康状態には留意した上でスタジアム観戦しましょう(うちの子はこの2カ月間、ほぼ何のトラブルもなく健康に育ってるので、思い切って連れてってみました)。

関連ブログ↓

—-



Instagram

(Visited 1,954 times, 7 visits today)
タイトルとURLをコピーしました